HOME ニュース一覧 1~4人事業所の現金給与額は0.9%増の19.72万円

経営ニュース

1~4人事業所の現金給与額は0.9%増の19.72万円

 厚生労働省が毎月公表する勤労統計調査は常用労働者5人以上の事業所が対象だが、同省はこの補完のため、年に1度、常用労働者1~4人の事業所の賃金、労働時間等の実態を7月末現在で調査している。その令和元年特別調査結果(有効回答数1万9551事業所)によると、昨年7月における1人平均きまって支給する現金給与額(基本給+残業代等)は前年比0.9%増の19万7196円で、2年ぶりの増加となった。

 男女別にみると、男は前年比1.0%増の26万7776円、女は同1.4%増の14万4390円。主な産業をみると、「建設業」は25万9417円、「製造業」22万1021円、「卸売・小売業」20万1226円、「医療、福祉」18万156円、「生活関連サービス業、娯楽業」15万5071円、「宿泊業、飲食サービス業」10万7290円の順だった。

 また、昨年7月における出勤日数は19.8日で前年より▲0.1日減少。男は21.4日で▲0.1日減、女は18.5日で▲0.2日減だった。通常日1日の実労働時間は6.9時間で▲0.1時間減。男は7.7時間、女は6.4時間。通常日1日の実労働時間別に労働者構成をみると、「4時間以下」13.0%、「5時間」9.2%、「6時間」8.7%、「7時間」15.7%、「8時間」44.5%、「9時間以上」8.9%となった。

 常用労働者の構成割合を主な産業別にみると、「卸売・小売業」が25.4%と最も高く、次いで「建設業」10.6%、「医療、福祉」及び「宿泊業、飲食サービス業」9.9%、「生活関連サービス業、娯楽業」9.6%、「製造業」7.3%の順。常用労働者に占める女性労働者の割合は57.2%で、産業別では、「医療、福祉」85.1%、「生活関連サービス業、娯楽業」77.9%、「宿泊業、飲食サービス業」73.2%などの順だった。

 なお、パートやアルバイトなど通常1日の実労働時間が6時間以下の短時間労働者の割合は30.9%で、男11.7%、女45.3%。主な産業別では、「宿泊業、飲食サービス業」が63.9%、「生活関連サービス業、娯楽業」36.5%、「医療、福祉」36.4%、「卸売業、小売業」27.6%などの順。また、年齢階級別では、「19歳以下」が70.6%と最も高く、「20~29歳」と「30~39歳」が23.7%で最も低くなっている。

令和元年毎月勤労統計調査特別調査の概況について

提供元:21C・TFフォーラム(株式会社タックス・コム)

この記事のカテゴリ

関連リンク

消費増税を受けモバイル決済サービス利用者が大幅増

税務・会計に関する情報を毎週無料でお届けしています!

メルマガ登録はこちら

 

週間ニュースランキング

2月19日更新

経営ニュース
/news/management/2020/img/img_keiei_01_s.jpg
 厚生労働省が毎月公表する勤労統計調査は常用労働者5人以上の事業所が対象だが、同省はこの補完のため、年に1度、常用労働者1~4人の事業所の賃金、労働時間等の実態を7月末現在で調査している。その令和元年特別調査結果(有効回答数1万9551事業所)によると、昨年7月における1人平均きまって支給する現金給与額(基本給+残業代等)は前年比0.9%増の19万7196円で、2年ぶりの増加となった。 男女別にみると、男は前年比1.0%増の26万7776円、女は同1.4%増の14万4390円。主な産業をみると、「建設業」は25万9417円、「製造業」22万1021円、「卸売・小売業」20万1226円、「医療、福祉」18万156円、「生活関連サービス業、娯楽業」15万5071円、「宿泊業、飲食サービス業」10万7290円の順だった。 また、昨年7月における出勤日数は19.8日で前年より▲0.1日減少。男は21.4日で▲0.1日減、女は18.5日で▲0.2日減だった。通常日1日の実労働時間は6.9時間で▲0.1時間減。男は7.7時間、女は6.4時間。通常日1日の実労働時間別に労働者構成をみると、「4時間以下」13.0%、「5時間」9.2%、「6時間」8.7%、「7時間」15.7%、「8時間」44.5%、「9時間以上」8.9%となった。 常用労働者の構成割合を主な産業別にみると、「卸売・小売業」が25.4%と最も高く、次いで「建設業」10.6%、「医療、福祉」及び「宿泊業、飲食サービス業」9.9%、「生活関連サービス業、娯楽業」9.6%、「製造業」7.3%の順。常用労働者に占める女性労働者の割合は57.2%で、産業別では、「医療、福祉」85.1%、「生活関連サービス業、娯楽業」77.9%、「宿泊業、飲食サービス業」73.2%などの順だった。 なお、パートやアルバイトなど通常1日の実労働時間が6時間以下の短時間労働者の割合は30.9%で、男11.7%、女45.3%。主な産業別では、「宿泊業、飲食サービス業」が63.9%、「生活関連サービス業、娯楽業」36.5%、「医療、福祉」36.4%、「卸売業、小売業」27.6%などの順。また、年齢階級別では、「19歳以下」が70.6%と最も高く、「20~29歳」と「30~39歳」が23.7%で最も低くなっている。
2020.01.07 16:25:09