HOME ニュース一覧 上場企業の平均年間給与は7年連続上昇で初の600万円台

経営ニュース

上場企業の平均年間給与は7年連続上昇で初の600万円台

 東京商工リサーチが27日に発表した「2018年決算の上場企業2591社の平均年間給与調査」結果によると、上場企業2591社の平均年間給与は606万2000円で、前年より7万円(1.1%増)増え、初の600万円台となった。給与の増加は2012年から7年連続で、8年間で42万5000円(7.5%増)上昇。伸び率1.1%増は、2017年を0.5ポイント上回り、2016年(同1.0%増)以来、2年ぶりに1%台の上昇率となった。

 平均年間給与の最高はM&Aアドバイザリーの「GCA」の2063万3000円(前年1559万円)で、唯一の2000万円台。2位は不動産賃貸の「ヒューリック」の1636万円(同1530万6000円)。事業承継や都心部での再開発など活況な不動産業界を反映した。3位から5位には総合商社が名を連ね、1000万円以上は31社(前年28社)で過去最多となった。

 国税庁の民間給与実態統計調査(平成29年分)によると、平均給与は432万2000円(うち、正規493万7000円)で、5年連続で前年を上回った。ただ、上場企業の平均年間給与と2017年で167万円の差がある。業績好調を背景に、上場企業の平均年間給与は上昇をたどっているが、中小企業は人材確保による人件費アップを避けられず、規模による収益格差は広がっている。

 業種別では、最高が「建設業」の718万7000円(前年707万3000円)。2015年(671万2000円)から4年連続でトップを守り、平均年間給与が唯一、700万円台に乗せた。次いで、「不動産業」696万4000円(前年675万4000円)、「電気・ガス業」672万5000円(同673万4000円)と続く。トップの建設業は活発な建設投資による業績改善だけでなく、人材確保のための賃金アップもあるようだ。

 一方、最低は、「小売業」の473万8000円(同471万4000円)で、唯一、400万円台にとどまった。次いで、「サービス業」540万6000円(同535万1000円)、「水産・農林・鉱業」602万円(同602万9000円)の順。トップの建設業と最低の小売業の差は244万9000円と1.5倍の格差がある。ただ、小売業は6年連続、サービス業も8年連続で、平均年間給与が前年を上回り、待遇改善は進んでいる。

2018年決算 「上場企業2,591社の平均年間給与」調査について

提供元:21C・TFフォーラム(株式会社タックス・コム)



この記事のカテゴリ

関連リンク

平成30年の死亡災害は過去最少の909人~厚労省

税務・会計に関する情報を毎週無料でお届けしています!

メルマガ登録はこちら

 

週間ニュースランキング

9月13日更新

経営ニュース
/news/management/2019/img/img_keiei_03_s.jpg
 東京商工リサーチが27日に発表した「2018年決算の上場企業2591社の平均年間給与調査」結果によると、上場企業2591社の平均年間給与は606万2000円で、前年より7万円(1.1%増)増え、初の600万円台となった。給与の増加は2012年から7年連続で、8年間で42万5000円(7.5%増)上昇。伸び率1.1%増は、2017年を0.5ポイント上回り、2016年(同1.0%増)以来、2年ぶりに1%台の上昇率となった。 平均年間給与の最高はM&Aアドバイザリーの「GCA」の2063万3000円(前年1559万円)で、唯一の2000万円台。2位は不動産賃貸の「ヒューリック」の1636万円(同1530万6000円)。事業承継や都心部での再開発など活況な不動産業界を反映した。3位から5位には総合商社が名を連ね、1000万円以上は31社(前年28社)で過去最多となった。 国税庁の民間給与実態統計調査(平成29年分)によると、平均給与は432万2000円(うち、正規493万7000円)で、5年連続で前年を上回った。ただ、上場企業の平均年間給与と2017年で167万円の差がある。業績好調を背景に、上場企業の平均年間給与は上昇をたどっているが、中小企業は人材確保による人件費アップを避けられず、規模による収益格差は広がっている。  業種別では、最高が「建設業」の718万7000円(前年707万3000円)。2015年(671万2000円)から4年連続でトップを守り、平均年間給与が唯一、700万円台に乗せた。次いで、「不動産業」696万4000円(前年675万4000円)、「電気・ガス業」672万5000円(同673万4000円)と続く。トップの建設業は活発な建設投資による業績改善だけでなく、人材確保のための賃金アップもあるようだ。 一方、最低は、「小売業」の473万8000円(同471万4000円)で、唯一、400万円台にとどまった。次いで、「サービス業」540万6000円(同535万1000円)、「水産・農林・鉱業」602万円(同602万9000円)の順。トップの建設業と最低の小売業の差は244万9000円と1.5倍の格差がある。ただ、小売業は6年連続、サービス業も8年連続で、平均年間給与が前年を上回り、待遇改善は進んでいる。
2019.05.28 16:37:57