HOME ニュース一覧 新元号の「令和」企業は全国に1社もなし

経営ニュース

新元号の「令和」企業は全国に1社もなし

 「平成」に代わる新元号は「令和」-。4月1日午前11時40分過ぎ、政府は5月1日からの新元号を「令和」と公表した。東京商工リサーチが同日に発表した「社名に『令和』を冠した企業調査」結果によると、同社が保有する企業データベース(317万社)で、社名に「令和」を冠した企業を調査したところ、漢字で「令和」を冠する企業は全国で1社もない(ゼロ)ことが明らかになった。

 ただ、読みが一致するひらがなで「れいわ」を冠する企業は3社、カタカナの「レイワ」は同3社で、計6社だった。ところで、4月をもって幕を閉じる「平成」企業は1270社存在する。64年まで続いた「昭和」(2640社)のほぼ半数(48.1%)で、平成と昭和は年数の長さに比例した構成比となっている。一方、「大正」は435社、「明治」は764社だった。

 「平成」企業の1270社のうち、設立年別をみると、平成一ケタ年代(平成元年~同9年)の設立が653社(構成比51.4%)と半数を占めている。漢字「令和」を冠する企業は現在、全国で1社も存在せず、「れいわ」、「レイワ」企業は合計6社だが、平成時代を踏襲するとすれば、今後数年間で「令和」企業が加速度的に増加する可能性が高いとみられている。

 また、会社設立が昭和以前の「平成」企業は、143社あった。これは元号が平成に変わり、社名を「平成」を冠したものに変えたケースである。今後、新たな時代の幕開けの流れに乗り、心機一転を込めて、令和を冠した社名に変更する企業が増えていくことも予想される。

提供元:21C・TFフォーラム(株式会社タックス・コム)



この記事のカテゴリ

関連リンク

来年4月施行の民法改正を「知らなかった」企業が6割超

税務・会計に関する情報を毎週無料でお届けしています!

メルマガ登録はこちら

 

週間ニュースランキング

2月6日更新

経営ニュース
/news/management/2019/img/img_keiei_01_s.jpg
 「平成」に代わる新元号は「令和」-。4月1日午前11時40分過ぎ、政府は5月1日からの新元号を「令和」と公表した。東京商工リサーチが同日に発表した「社名に『令和』を冠した企業調査」結果によると、同社が保有する企業データベース(317万社)で、社名に「令和」を冠した企業を調査したところ、漢字で「令和」を冠する企業は全国で1社もない(ゼロ)ことが明らかになった。 ただ、読みが一致するひらがなで「れいわ」を冠する企業は3社、カタカナの「レイワ」は同3社で、計6社だった。ところで、4月をもって幕を閉じる「平成」企業は1270社存在する。64年まで続いた「昭和」(2640社)のほぼ半数(48.1%)で、平成と昭和は年数の長さに比例した構成比となっている。一方、「大正」は435社、「明治」は764社だった。 「平成」企業の1270社のうち、設立年別をみると、平成一ケタ年代(平成元年~同9年)の設立が653社(構成比51.4%)と半数を占めている。漢字「令和」を冠する企業は現在、全国で1社も存在せず、「れいわ」、「レイワ」企業は合計6社だが、平成時代を踏襲するとすれば、今後数年間で「令和」企業が加速度的に増加する可能性が高いとみられている。 また、会社設立が昭和以前の「平成」企業は、143社あった。これは元号が平成に変わり、社名を「平成」を冠したものに変えたケースである。今後、新たな時代の幕開けの流れに乗り、心機一転を込めて、令和を冠した社名に変更する企業が増えていくことも予想される。提供元:21C・TFフォーラム(株式会社タックス・コム)
2019.04.02 16:21:16