HOME ニュース一覧 平成30年税関の輸入差止点数が90万点超と大幅増加

経営ニュース

平成30年税関の輸入差止点数が90万点超と大幅増加

その他

 財務省がこのほど発表した平成30年の税関における知的財産侵害物品の差止状況によると、輸入差止件数は2万6005件(前年比▲15.1)で、7年連続で2万5千件を超え、引き続き高水準だった。輸入差止点数は92万9675点(同83.5%増)と大幅に増加し、過去5年間で最高水準となった。1日平均で71件、2500点以上の知的財産侵害物品の輸入を差し止めていることになる。

 仕出国(地域)別にみると、輸入差止件数は、「中国」が2万2578件(構成比86.8%、前年比▲20.1%)で、9年ぶりに構成比が9割を下回った。次いで「香港」が1150件(前年比38.9%増)、「フィリピン」が715件(同66.3%増)、「韓国」が525件(同63.0%増)。輸入差止点数でも、「中国」が77万3460点(構成比83.2%、同86.4%増)と、件数、点数ともに中国の構成比が依然高くなっている。

 知的財産別にみると、輸入差止件数は、偽ブランド品などの「商標権侵害物品」が2万5284件(構成比96.6%、前年比▲16.0%)と大半を占め、次いで、偽キャラクターグッズなどの「著作権侵害物品」が438件(前年比48.5%増)。輸入差止点数についても、「商標権侵害物品」が72万3650点(同77.8%、同131.0%増)で、大半を占め、次いで、イヤホンなどの「意匠権侵害物品」が11万6597点(同12.5%、同▲13.7%)だった。

 品目別の輸入差止実績をみると、輸入差止件数は、財布やハンドバッグなどの「バッグ類」が9391件(構成比33.0%、前年比▲26.2%)と全体の3割強を占めて最も多く、次いで「衣類」が6093件(同21.4%、同33.0%増)、「靴類」が3170件(同11.1%、同▲20.2%)、スマートフォンケースなどの「携帯電話及び付属品」が2385件(同8.4%、同▲34.4%)だった。

 また、品目別の輸入差止点数の実績は、「医薬品」が31万9716点(構成比34.4%、前年比1701.7%増)と大幅に増加し、次いで、身体用マッサージ器具などの「家庭用雑貨」が7万4534点(同8.0%、同154.2%増)と2.5倍に増加し、イヤホンなどの「電気製品」が6万8795点(同7.4%、同▲41.2%)、「バッグ類」が6万5769点(同7.1%、同82.3%増)と続いている。

平成30年の税関における知的財産侵害物品の差止状況(詳細)について

提供元:21C・TFフォーラム(株式会社タックス・コム)

関連リンク

中企庁、長時間労働に繋がる商慣行を調査


経営ニュース
/news/management/2019/img/img_keiei_02_s.jpg
 財務省がこのほど発表した平成30年の税関における知的財産侵害物品の差止状況によると、輸入差止件数は2万6005件(前年比▲15.1)で、7年連続で2万5千件を超え、引き続き高水準だった。輸入差止点数は92万9675点(同83.5%増)と大幅に増加し、過去5年間で最高水準となった。1日平均で71件、2500点以上の知的財産侵害物品の輸入を差し止めていることになる。 仕出国(地域)別にみると、輸入差止件数は、「中国」が2万2578件(構成比86.8%、前年比▲20.1%)で、9年ぶりに構成比が9割を下回った。次いで「香港」が1150件(前年比38.9%増)、「フィリピン」が715件(同66.3%増)、「韓国」が525件(同63.0%増)。輸入差止点数でも、「中国」が77万3460点(構成比83.2%、同86.4%増)と、件数、点数ともに中国の構成比が依然高くなっている。 知的財産別にみると、輸入差止件数は、偽ブランド品などの「商標権侵害物品」が2万5284件(構成比96.6%、前年比▲16.0%)と大半を占め、次いで、偽キャラクターグッズなどの「著作権侵害物品」が438件(前年比48.5%増)。輸入差止点数についても、「商標権侵害物品」が72万3650点(同77.8%、同131.0%増)で、大半を占め、次いで、イヤホンなどの「意匠権侵害物品」が11万6597点(同12.5%、同▲13.7%)だった。 品目別の輸入差止実績をみると、輸入差止件数は、財布やハンドバッグなどの「バッグ類」が9391件(構成比33.0%、前年比▲26.2%)と全体の3割強を占めて最も多く、次いで「衣類」が6093件(同21.4%、同33.0%増)、「靴類」が3170件(同11.1%、同▲20.2%)、スマートフォンケースなどの「携帯電話及び付属品」が2385件(同8.4%、同▲34.4%)だった。 また、品目別の輸入差止点数の実績は、「医薬品」が31万9716点(構成比34.4%、前年比1701.7%増)と大幅に増加し、次いで、身体用マッサージ器具などの「家庭用雑貨」が7万4534点(同8.0%、同154.2%増)と2.5倍に増加し、イヤホンなどの「電気製品」が6万8795点(同7.4%、同▲41.2%)、「バッグ類」が6万5769点(同7.1%、同82.3%増)と続いている。
2019.03.12 17:52:45