HOME ニュース一覧 中企庁、長時間労働に繋がる商慣行を調査

経営ニュース

中企庁、長時間労働に繋がる商慣行を調査

 中小企業庁が中小企業を対象に昨年12月に実施した「長時間労働に繋がる商慣行に関するWEB調査」結果(有効回答数2537社)によると、繁忙期は約7割の企業で発生、短納期受注は直近1年間で6割の企業で発生していることが分かった。繁忙期は「サービス業」、「小売業」で、短納期受注は「製造業」において発生割合が高い。繁忙期/短納期受注のいずれにおいても、発生割合が全体平均より高い業種は、「建設業」、「繊維産業」、「紙・紙加工品産業」、「印刷産業」、「広告業」だった。

 繁忙期/短納期受注の発生割合について業種別でみると、「紙・紙加工品産業」、「印刷産業」では繁忙期/短納期受注のいずれにおいても8割を超える。「建設業」、「食料品製造業」、「トラック運送業・倉庫業」では繁忙期の発生割合が8割超、「半導体・半導体製造装置産業」、「電気・情報通信機器産業」では短納期受注の発生割合が8割超。繁忙期/短納期受注の主要取引先として最も回答が多い業種は、大半の業種で同業種でとの回答が多い。

 繁忙期の発生理由(複数回答)は、51%の企業が「季節的な要因」と回答。約7割の企業が、取引や商慣行の課題となり得る「取引先の繁忙期に対応するため」(43%)や、「決算・年度末対応のため」(30%)が発生理由と回答。また、短納期受注の発生理由(複数回答)は、81%の企業が「取引先からの要望への対応」と回答。「自社の強みとして短納期を実施」(26%)や「決算・年度末対応」(18%)と回答した企業は約2割だった。

 繁忙期の発生について、取引上の問題としての課題を整理すると、「問題のある受発注方法の常態化」、「年末・年度末集中」といった課題が、また、短納期受注の発生について、取引上の問題としての課題を整理すると、「納期のしわ寄せ」、「受発注方法(多頻度配送等)」といった課題がそれぞれ挙げられる。そして、繁忙期によって81%、短納期の受注によって68%の企業が、従業員の平均残業時間が「増加する」と回答している。

 「トラック運送業・倉庫業」、「技術サービス産業」、「機械製造業」は、繁忙期・短納期受注のいずれにおいても、「増加する」と回答した企業の割合が高い。「素形材産業」、「技術サービス産業」、「繊維産業」、「建設業」は、年間における繁忙期の長さが60日を超える。「素形材産業」、「技術サービス産業」は、繁忙期の1ヵ月当たりの平均残業時間が45時間を超える企業の割合が7割前後と高く、年間における繁忙期の長さも70日を超えている。

長時間労働に繋がる商慣行に関するWEB調査 結果概要について

提供元:21C・TFフォーラム(株式会社タックス・コム)



この記事のカテゴリ

関連リンク

借入金残高が「増加した」小企業割合は前年から横ばい

税務・会計に関する情報を毎週無料でお届けしています!

メルマガ登録はこちら



週間ニュースランキング

6月12日更新

経営ニュース
/news/management/2019/img/img_keiei_04_s.jpg
 中小企業庁が中小企業を対象に昨年12月に実施した「長時間労働に繋がる商慣行に関するWEB調査」結果(有効回答数2537社)によると、繁忙期は約7割の企業で発生、短納期受注は直近1年間で6割の企業で発生していることが分かった。繁忙期は「サービス業」、「小売業」で、短納期受注は「製造業」において発生割合が高い。繁忙期/短納期受注のいずれにおいても、発生割合が全体平均より高い業種は、「建設業」、「繊維産業」、「紙・紙加工品産業」、「印刷産業」、「広告業」だった。 繁忙期/短納期受注の発生割合について業種別でみると、「紙・紙加工品産業」、「印刷産業」では繁忙期/短納期受注のいずれにおいても8割を超える。「建設業」、「食料品製造業」、「トラック運送業・倉庫業」では繁忙期の発生割合が8割超、「半導体・半導体製造装置産業」、「電気・情報通信機器産業」では短納期受注の発生割合が8割超。繁忙期/短納期受注の主要取引先として最も回答が多い業種は、大半の業種で同業種でとの回答が多い。 繁忙期の発生理由(複数回答)は、51%の企業が「季節的な要因」と回答。約7割の企業が、取引や商慣行の課題となり得る「取引先の繁忙期に対応するため」(43%)や、「決算・年度末対応のため」(30%)が発生理由と回答。また、短納期受注の発生理由(複数回答)は、81%の企業が「取引先からの要望への対応」と回答。「自社の強みとして短納期を実施」(26%)や「決算・年度末対応」(18%)と回答した企業は約2割だった。 繁忙期の発生について、取引上の問題としての課題を整理すると、「問題のある受発注方法の常態化」、「年末・年度末集中」といった課題が、また、短納期受注の発生について、取引上の問題としての課題を整理すると、「納期のしわ寄せ」、「受発注方法(多頻度配送等)」といった課題がそれぞれ挙げられる。そして、繁忙期によって81%、短納期の受注によって68%の企業が、従業員の平均残業時間が「増加する」と回答している。 「トラック運送業・倉庫業」、「技術サービス産業」、「機械製造業」は、繁忙期・短納期受注のいずれにおいても、「増加する」と回答した企業の割合が高い。「素形材産業」、「技術サービス産業」、「繊維産業」、「建設業」は、年間における繁忙期の長さが60日を超える。「素形材産業」、「技術サービス産業」は、繁忙期の1ヵ月当たりの平均残業時間が45時間を超える企業の割合が7割前後と高く、年間における繁忙期の長さも70日を超えている。
2019.03.05 16:47:12