HOME ニュース一覧 メインバンク、「都市銀行」の全国シェアが初めて2割下回る

経営ニュース

メインバンク、「都市銀行」の全国シェアが初めて2割下回る

 帝国データバンクが10日に発表した「全国メインバンク調査」結果によると、2018年において、金融機関におけるメインバンク社数の全国トップは「三菱UFJ銀行」となった。企業数は10万824社となり、2009年の同調査開始以降10年連続のトップ。しかし、全国シェアは6.85%(前年比0.08ポイント減)で9年連続の減少となり、全国シェアでは2009年以降最小を更新した。

 2位は「三井住友銀行」の7万9888社(シェア5.43%、前年比0.03ポイント減)。以下、「みずほ銀行」(6万3902社、シェア4.34%)、「りそな銀行」(3万477社、シェア2.07%)と続き、上位4行はいずれも都市銀行となった。また、5位には北海道を地盤とする地方銀行の「北洋銀行」(2万4730社、シェア1.68%)となり、上位5行ではいずれも全国シェアが低下した。

 業態別にみると、全国で「都市銀行」のシェアは19.87%と前年を0.13ポイント下回った。都市銀行のシェアは、調査を開始した2009年以来一貫して減少傾向が続いており、2018年では初めて2割を下回った。このほか、「第二地方銀行」(シェア10.35%、前年比0.43ポイント減)と「信用金庫」(同23.19%、同0.02ポイント減)は2年連続で、「信用組合」(同2.48%、同0.01ポイント減)は9年連続で、それぞれシェアが減少した。

 一方、「地方銀行」(39.65%)は前年を0.53ポイント上回り、10年連続でシェアトップ。経営統合したきらぼし銀行が「地方銀行」となったことも影響したが、総じて各地域金融機関がシェアを拡大させた。また、実店舗を持たず、インターネットバンキングなどを主力事業とする「新形態(ネットなど)の銀行」のシェアは0.10%(前年比0.02ポイント増)となり、調査当初の2009年(シェア0.01%)から10倍に拡大した。

 各地域別に企業がメインバンクとして認識している金融機関を業態別にみると、9地域中5地域で「地方銀行」が過半数を占めトップシェアとなり、いずれも2017年からシェアが拡大した。特に、九州では地方銀行のシェアが2017年から0.01ポイント上昇し、全地域で唯一の7割台となった。他方、四国と東北を除く7地域で「都市銀行」のシェアが減少した。また、北海道は9地域の中で唯一「信用金庫」がシェアトップとなった。

全国メインバンク調査(2018 年)について

提供元:21C・TFフォーラム(株式会社タックス・コム)

この記事のカテゴリ

関連リンク

新規開業費用は過去最少の平均1062万円~日本公庫

税務・会計に関する情報を毎週無料でお届けしています!

メルマガ登録はこちら

 

週間ニュースランキング

3月10日更新

経営ニュース
/news/management/2018/img/img_kinyu_01_s.jpg
 帝国データバンクが10日に発表した「全国メインバンク調査」結果によると、2018年において、金融機関におけるメインバンク社数の全国トップは「三菱UFJ銀行」となった。企業数は10万824社となり、2009年の同調査開始以降10年連続のトップ。しかし、全国シェアは6.85%(前年比0.08ポイント減)で9年連続の減少となり、全国シェアでは2009年以降最小を更新した。 2位は「三井住友銀行」の7万9888社(シェア5.43%、前年比0.03ポイント減)。以下、「みずほ銀行」(6万3902社、シェア4.34%)、「りそな銀行」(3万477社、シェア2.07%)と続き、上位4行はいずれも都市銀行となった。また、5位には北海道を地盤とする地方銀行の「北洋銀行」(2万4730社、シェア1.68%)となり、上位5行ではいずれも全国シェアが低下した。 業態別にみると、全国で「都市銀行」のシェアは19.87%と前年を0.13ポイント下回った。都市銀行のシェアは、調査を開始した2009年以来一貫して減少傾向が続いており、2018年では初めて2割を下回った。このほか、「第二地方銀行」(シェア10.35%、前年比0.43ポイント減)と「信用金庫」(同23.19%、同0.02ポイント減)は2年連続で、「信用組合」(同2.48%、同0.01ポイント減)は9年連続で、それぞれシェアが減少した。 一方、「地方銀行」(39.65%)は前年を0.53ポイント上回り、10年連続でシェアトップ。経営統合したきらぼし銀行が「地方銀行」となったことも影響したが、総じて各地域金融機関がシェアを拡大させた。また、実店舗を持たず、インターネットバンキングなどを主力事業とする「新形態(ネットなど)の銀行」のシェアは0.10%(前年比0.02ポイント増)となり、調査当初の2009年(シェア0.01%)から10倍に拡大した。 各地域別に企業がメインバンクとして認識している金融機関を業態別にみると、9地域中5地域で「地方銀行」が過半数を占めトップシェアとなり、いずれも2017年からシェアが拡大した。特に、九州では地方銀行のシェアが2017年から0.01ポイント上昇し、全地域で唯一の7割台となった。他方、四国と東北を除く7地域で「都市銀行」のシェアが減少した。また、北海道は9地域の中で唯一「信用金庫」がシェアトップとなった。
2018.12.11 16:31:46