HOME ニュース一覧 16年度上場製造業1270社の平均年間給与は605.9万円

経営ニュース

16年度上場製造業1270社の平均年間給与は605.9万円

 東京商工リサーチが発表した「上場製造業の平均年間給与調査」結果によると、2016年度の上場製造業1270社の平均年間給与は605万9000円(中央値599万9000円)で、前年度より3万9000円(0.6%)増と4年連続で増加したことが分かった。上場企業2718社の平均給与598万円(中央値585万8000円)と比べ7万9000円上回り、好調な企業業績を反映している。

 製造業は2014年度以降、円安で輸出関連を中心に業績改善が進んだ。社員の採用増に動いたことで平均給与が下がった企業もあるが、全体では2010年度(565万9000円)からの6年間で40万円アップした。上場製造業1270社のうち、平均給与が前年度より増えたのは764社(構成比60.1%)と全体の6割を占めたが、前年度より59社減少した。一方、減少は496社、横ばい10社だった。

 業種別の平均給与では、トップが「石油・石炭製品」の733万9000円で、2011年度以来、5年ぶりに平均給与が上昇した。次いで、「医薬品」の729万7000円、「電気機器」の634万3000円、「精密機器」の624万9000円、「化学」の624万8000円の順。最低は「繊維製品」の536万1000円で、トップとは197万8000円の差がある。増加率では、「繊維製品」が前年度比2.9%増で最大だった。

 上場製造業1270社の平均給与の増加率は、「増加率0.0%超~1.0%未満」が203社で最多。次いで、「1.0%以上~2.0%未満」の184社、「2.0%以上~3.0%未満」の121社と続く。一方、減少率では、「▲0.0%超~▲1.0%未満」が136社(同140社)、「▲1.0%以上~▲2.0%未満」が110社、「▲2.0%以上~▲3.0%未満」が73社と続く。

 平均給与トップは、工作機械用NC装置では世界最大手の「ファナック」が1318万3000円で3年連続トップを守った。積極的な採用で従業員数が前年度より204人増加、前年度を252万8000円下回った。2位は医薬品の「第一三共」が1133万5000円、3位は「アステラス製薬」が1073万円、4位は「エーザイ」が1038万9000円、5位は「レーザーテック」が1028万2000円と続き、医薬品の高さが際立った。

同調査結果は↓

http://www.tsr-net.co.jp/news/analysis/20170914_01.html

提供元:21C・TFフォーラム(株式会社タックス・コム)

この記事のカテゴリ

関連リンク

東京23区の社長の10人に1人が世田谷区に在住

税務・会計に関する情報を毎週無料でお届けしています!

メルマガ登録はこちら

 

週間ニュースランキング

9月13日更新

経営ニュース
/news/management/2017/img/img_keiei_01_s.jpg
 東京商工リサーチが発表した「上場製造業の平均年間給与調査」結果によると、2016年度の上場製造業1270社の平均年間給与は605万9000円(中央値599万9000円)で、前年度より3万9000円(0.6%)増と4年連続で増加したことが分かった。上場企業2718社の平均給与598万円(中央値585万8000円)と比べ7万9000円上回り、好調な企業業績を反映している。 製造業は2014年度以降、円安で輸出関連を中心に業績改善が進んだ。社員の採用増に動いたことで平均給与が下がった企業もあるが、全体では2010年度(565万9000円)からの6年間で40万円アップした。上場製造業1270社のうち、平均給与が前年度より増えたのは764社(構成比60.1%)と全体の6割を占めたが、前年度より59社減少した。一方、減少は496社、横ばい10社だった。 業種別の平均給与では、トップが「石油・石炭製品」の733万9000円で、2011年度以来、5年ぶりに平均給与が上昇した。次いで、「医薬品」の729万7000円、「電気機器」の634万3000円、「精密機器」の624万9000円、「化学」の624万8000円の順。最低は「繊維製品」の536万1000円で、トップとは197万8000円の差がある。増加率では、「繊維製品」が前年度比2.9%増で最大だった。 上場製造業1270社の平均給与の増加率は、「増加率0.0%超~1.0%未満」が203社で最多。次いで、「1.0%以上~2.0%未満」の184社、「2.0%以上~3.0%未満」の121社と続く。一方、減少率では、「▲0.0%超~▲1.0%未満」が136社(同140社)、「▲1.0%以上~▲2.0%未満」が110社、「▲2.0%以上~▲3.0%未満」が73社と続く。 平均給与トップは、工作機械用NC装置では世界最大手の「ファナック」が1318万3000円で3年連続トップを守った。積極的な採用で従業員数が前年度より204人増加、前年度を252万8000円下回った。2位は医薬品の「第一三共」が1133万5000円、3位は「アステラス製薬」が1073万円、4位は「エーザイ」が1038万9000円、5位は「レーザーテック」が1028万2000円と続き、医薬品の高さが際立った。同調査結果は↓
2017.09.20 08:10:25