HOME ニュース一覧 未来投資戦略2017

経営ニュース

未来投資戦略2017

未来投資戦略2017は、Society5.0の実現に向けた改革です。

●基本的な考え方

 経済の長期停滞を打破し、中長期的な成長を実現していく鍵は、近年急激に起きている第4次産業革命(IoT、ビッグデータ、人工知能(AI)、ロボット、シェアリングエコノミー等)のイノベーションを、あらゆる産業や社会生活に取り入れることにより、様々な社会課題を解決する「Society5.0」を実現することにあります。Society5.0とは、①狩猟社会、②農耕社会、③工業社会、④情報社会に続く、人類史上5番目の新しい社会のことで、新しい価値やサービスが次々と創出され、社会の主体たる人々に豊かさをもたらす社会です。
 そこで、Society5.0の実現に向け、日本の強みに政策資源を集中投入し、未来投資を促進する必要があります。

●Society5.0の実現

(1)Society5.0に向けた戦略分野
  我が国の強みを活かせるか、国内外で成長が見込める分野か、といった観点から以下の5つの分野が挙げられています。
① 健康寿命の延伸
 健康管理と病気・介護予防、自立支援に軸足を置いた、「新しい健康・医療・介護システム」を構築することにより、健康寿命を更に延伸し、世界に先駆けて生涯現役社会を実現させる。
② 移動革命の実現
 物流効率化と移動サービスの高度化を進め、交通事故の減少や移動弱者の解消につなげることで、人々の活動の範囲や機会を広げていく。
③ サプライチェーンの次世代化
 個々の顧客・消費者のニーズに即した革新的な製品・サービスを創出すること等を可能にしていく。
④ 快適なインフラ・まちづくり
 人手不足や費用の高騰に悩むことなく、効率性と安全性を両立させ、安定した維持管理・更新を浸透させていく。
⑤ FinTech
 利用者にとっての金融関連サービスの利便性を飛躍的に向上させるとともに、企業の資金調達力や生産性・収益力の抜本的向上につなげていく。

(2)Society5.0に向けた横割課題
 Society5.0に向けた横割課題には、データ利活用基盤・制度構築や教育・人材力の抜本強化、規制改革・行政手続簡素化・IT化の一体的推進、公的サービス・資産の民間開放といったものがあります。

この記事のカテゴリ

関連リンク

得々経営情報一覧(旧サイトバックナンバー)

個人情報保護法の施行

テレワーク・デイの実施

FinTechビジョン

税務・会計に関する情報を毎週無料でお届けしています!

メルマガ登録はこちら

 

週間ニュースランキング

2月19日更新

経営ニュース
/news/management/2017/img/img_news_01_s.jpg
未来投資戦略2017は、Society5.0の実現に向けた改革です。
2017.08.10 15:41:56