HOME コラム一覧 事後的に適格請求書を受ける場合

事後的に適格請求書を受ける場合

post_visual

リエ「黒田さんこんにちは。早速ですが、インボイス関係の処理について質問してもよろしいでしょうか。」

黒田「リエちゃんこんにちは。もちろんですよ。」

リエ「請求書の内容を確認していたのですが、登録番号の載っていない請求書がありました。その他の要件は満たしていましたし、事前にその取引先には適格請求書発行事業者になるかどうかの確認はしているのですが、その際にはなるという回答をいただいていたんです。」

黒田「なるほど、単なる印刷ミス等の場合、登録番号を記載した請求書等を再発行するように依頼をしていただくのが良いと思います。」

リエ「そうですよね。私もインボイス制度は始まったばかりなので、システムの設定ミスとかかな、と思って問合せをしてみたんです。そうしたら、手違いで適格請求書発行事業者の届出書の提出がギリギリになってしまい、まだ登録通知書が届いていないと言われたんです。どうしたらいいでしょうか。」

黒田「9月30日までに登録申請手続きを行っているのならば、登録拒否要件に該当しない限りは10月1日から適格請求書発行事業者として登録されています。登録の効力は、通知の日にかかわらず、適格請求書発行事業者登録簿に登載された日(登録日)から生じます。」

リエ「では登録通知書が届いていなくても、適格請求書発行事業者からの仕入として仕入税額控除をしてよいということですか。」

黒田「そうですね、先方から通知書を待っている状態である旨の確認が取れているので、そのように処理して構わないでしょう。ただし、通知後にインボイスの交付を受ける必要はありますので、ご注意ください。」

リエ「はい。通知書が届き次第、請求書の再交付もしくは今回の請求書の追加事項として登録番号をお知らせします、と言われました。そんな後出しでいいのかな、と心配になったので伺いました。」

黒田「そうなんですね。本来は御社から連絡する前に先方が登録番号の通知が遅れる旨の連絡をするのが筋だとは思いますが、その辺りはお互いの今後の気持ち良い取引のために詰めないでおきましょう。」

リエ「わかりました。先方も通知書が届かなくて慌てている感じだったので、もうしばらく待とうと思います。ちなみに決算が近かった場合、決算までに先方から登録番号が通知されなかったらどうなりますか。」

黒田「その場合でも、事後的に記載要件を満たす適格請求書を保存できると確認がとれていれば問題ありません。また、確認をしていたにもかかわらず事後的に適格請求書等の交付がうけられなかった場合には、仕入税額控除を行った翌課税期間において、本来の税額控除との差額を調整することになります。」

リエ「なるほど。課税期間を跨いでしまうと修正申告をしないといけないのかと思いましたが、翌期に差額調整が認められるのですね。とは言え先方には早めに通知を出してくれるように催促しておきます。」

監修

profile_photo

税理士 坂部達夫

税理士法人坂部綜合会計/(株)アサヒ・ビジネスセンター

 東京都墨田区にて平成元年に開業して以来、税務コンサルを中心に問題解決型の税理士事務所であることを心がけて参りました。
 おかげさまで弊所は30周年を迎えることができました。今後もお客様とのご縁を大切にし、人に寄り添う税務に取り組んでいきます。

メールマガジンやセミナー開催を通じて、様々な情報を発信しています。

この記事のカテゴリ

この記事のシリーズ

OLリエちゃんの経理奮闘記

記事の一覧を見る

関連リンク

産前産後休業中の手続き(1)社会保険料免除

税務・会計に関する情報を毎週無料でお届けしています!

メルマガ登録はこちら


コラム
/column/2023/img/thumbnail/img_07_s.jpg
リエ「黒田さんこんにちは。早速ですが、インボイス関係の処理について質問してもよろしいでしょうか。」黒田「リエちゃんこんにちは。もちろんですよ。」リエ「請求書の内容を確認していたのですが、登録番号の載っていない請求書がありました。その他の要件は満たしていましたし、事前にその取引先には適格請求書発行事業者になるかどうかの確認はしているのですが、その際にはなるという回答をいただいていたんです。」黒田「なるほど、単なる印刷ミス等の場合、登録番号を記載した請求書等を再発行するように依頼をしていただくのが良いと思います。」リエ「そうですよね。私もインボイス制度は始まったばかりなので、システムの設定ミスとかかな、と思って問合せをしてみたんです。そうしたら、手違いで適格請求書発行事業者の届出書の提出がギリギリになってしまい、まだ登録通知書が届いていないと言われたんです。どうしたらいいでしょうか。」黒田「9月30日までに登録申請手続きを行っているのならば、登録拒否要件に該当しない限りは10月1日から適格請求書発行事業者として登録されています。登録の効力は、通知の日にかかわらず、適格請求書発行事業者登録簿に登載された日(登録日)から生じます。」リエ「では登録通知書が届いていなくても、適格請求書発行事業者からの仕入として仕入税額控除をしてよいということですか。」黒田「そうですね、先方から通知書を待っている状態である旨の確認が取れているので、そのように処理して構わないでしょう。ただし、通知後にインボイスの交付を受ける必要はありますので、ご注意ください。」リエ「はい。通知書が届き次第、請求書の再交付もしくは今回の請求書の追加事項として登録番号をお知らせします、と言われました。そんな後出しでいいのかな、と心配になったので伺いました。」黒田「そうなんですね。本来は御社から連絡する前に先方が登録番号の通知が遅れる旨の連絡をするのが筋だとは思いますが、その辺りはお互いの今後の気持ち良い取引のために詰めないでおきましょう。」リエ「わかりました。先方も通知書が届かなくて慌てている感じだったので、もうしばらく待とうと思います。ちなみに決算が近かった場合、決算までに先方から登録番号が通知されなかったらどうなりますか。」黒田「その場合でも、事後的に記載要件を満たす適格請求書を保存できると確認がとれていれば問題ありません。また、確認をしていたにもかかわらず事後的に適格請求書等の交付がうけられなかった場合には、仕入税額控除を行った翌課税期間において、本来の税額控除との差額を調整することになります。」リエ「なるほど。課税期間を跨いでしまうと修正申告をしないといけないのかと思いましたが、翌期に差額調整が認められるのですね。とは言え先方には早めに通知を出してくれるように催促しておきます。」
2023.11.20 16:08:57