HOME コラム一覧 会社の相続

会社の相続

post_visual

「会社の相続」ズームセミナー
第66回MCセミナー会社の相続

会社って人間のエゴで存在

会社をつくって今まで温めてきた事業をスタートさせている時に水を差すようですが、「会社の末路を理解した上で起業する事は重要」だと思います。

・自分のアイデアや技術がどれくらい世の中に通用するのか知りたい

・儲けたい

・有名になりたい

起業する理由は様々でしょうが、そもそも会社って人間の勝手なエゴで存在しているものではないかと思います。

そもそも地球にとっては不要でしょう。

そのためどんな会社でも、「人の役に立つ、社会の為になる」という存在理由が必要なのではないでしょうか。

起業したら考えてほしい会社の末路

そう考えると、最終的に会社の末路は大きく下記しかないのだということをきちんと事前に知って、その為の準備をいつか行わないといけないと理解しておくべきでしょう。

(会社の末路)
・親族内承継
・親族外承継
・廃業
・IPO(株式公開)

IPOする又は出来る会社は稀ですから、除いて考えますが、例えば、会社設立時から子供などへの親族内承継を考えていない場合、選択肢は下記2つです。

・親族外承継か廃業

親族外承継とは、第三者承継やM&A等と表現されることもあります。

儲かっている時に会社の末路を想定しておく

事業が上手くいっていると、どうしても社長は、出店や事業拡大を考えます。

もちろん間違いではなく素晴らしいことだと思いますが、それだけでは不十分だとも思います。

・禍福は糾える縄の如し、悪くなる時を想定したリスクヘッジは?

・従業員への福利厚生や退職金の準備は?

上手くいっていない場合でも、会社の末路をイメージ出来ていると、少なくとも、後手後手の対応にはならないのではないかと思います。

こういったことにご興味ある方は下記セミナーにもご参加下さいませ。

「会社の相続」ズームセミナー

執筆者情報

profile_photo

マネーコンシェルジュ税理士法人/ビジネスサクセション株式会社 代表 今村 仁

会計事務所を経験後ソニー株式会社に勤務。その後2003年今村仁税理士事務所を開業、2007年マネーコンシェルジュ税理士法人に改組、代表社員に就任。ビジネスサクセション株式会社、代表取締役社長。税理士・宅地建物取引主任者・CFP等

この記事のカテゴリ

この記事のシリーズ

マネー税金コラム

記事の一覧を見る

関連リンク

マネーコンシェルジュ税理士法人 (会計事務所検索)

今年M&Aをお考えの売り手・買い手に朗報!

税務・会計に関する情報を毎週無料でお届けしています!

メルマガ登録はこちら


コラム
/column/2022/img/thumbnail/img_06_s.jpg
「会社の相続」ズームセミナー第66回MCセミナー会社の相続
2022.05.23 16:09:14