HOME コラム一覧 知って得するセキュリティのはなし その126

知って得するセキュリティのはなし その126

post_visual

大規模接種センター騙るフィッシングサイト、対策協議会が注意喚起

1.このニュースをざっくり言うと

- 8月30日(日本時間)、フィッシング対策協議会より、厚生労働省および自衛隊の大規模接種センターを騙るフィッシングが確認されたとして注意喚起が出されています。
- フィッシングメールは件名「自衛隊 大規模接種センターの概要 予約サイト案内(予約・受付案内)」等とされ、「予約サイト」「お問い合わせ・予約窓口」のリンクから厚労省「コロナワクチンナビ」の偽サイトに誘導され、個人情報(氏名・住所・電話番号・メールアドレス・生年月日等)およびクレジットカード情報(カード番号・有効期限・セキュリティコード)を詐取する模様です。
- 同日、厚労省からもTwitterにて「コロナワクチンナビに銀行口座やクレジットカード番号などの登録を求めることはありません」とする注意喚起が出されています。

2.執筆者からの所感等

- 同協議会からは、厚労省を騙るフィッシングについて8月13日にも「【重要】新しいコロナウイルスの発生の予防と管理」という件名のメールによるフィッシングに注意喚起が出されています。
- また8月24日には、2020年10月に確認された(AUS便り 2020/10/19号参照)「二回目特別定額給付金の特設サイト」を騙るフィッシングが再び確認されているとして、同協議会から注意喚起が出されています。
- 依然として終息の気配を見せない新型コロナウイルス感染症と関連した出来事に便乗して、様々なフィッシングが横行していますが、とにかくWebブラウザー・アンチウイルスおよびUTMのアンチフィッシング機能を有効にし、省庁等からの公式発表、セキュリティ関連各社・団体からの啓発情報、Twitter等における報告を確認し、利用しているサービスについてはブラウザーのブックマーク等からアクセスする等、フィッシングからの各種自衛策を着実に実行することが肝要です。

執筆者情報

profile_photo

株式会社アルテミス

株式会社アルテミスは、1995年(平成7年)に設立以来、情報通信および情報セキュリティという事業領域において、お客様ニーズに合わせてワンストップにて各種ソリューションを提供しています。
自社製品として情報セキュリティ関連の各種シリーズをリリース、そのほか、ネットワークセキュリティの分野では、疑似侵入診断サービス、Webアプリケーション診断サービスなどによるネットワークの脆弱性診断などを展開するなど、官公庁・金融機関・一部上場企業を初めとする大手・中堅企業から中小企業に至るまで、多くの企業がセキュアなシステムを構築するための支援を首尾一貫して提供しています。
特に50名以下の管理者がいない法人(SMB)法人に対してセキュリティ+マネージドサービスを提供しています。
SMB市場でのセキュリティ機器&サービスは、提案、購入するだけでは、エンサービスドユーザへの『真の導入には至らない』ため、システム管理者が不在でも、機器の運用、の運用、 IT機器の活用方法、トラブル対応、リスク対応などを標準化した商品を提供しています。

株式会社アルテミス
https://www.artemis-jp.com/

株式会社アルテミス AUS便り
https://www.artemis-jp.com/wp/aus_arc/

この記事のカテゴリ

この記事のシリーズ

知って得するセキュリティのはなし

記事の一覧を見る

関連リンク

知って得するセキュリティのはなし  その125

税務・会計に関する情報を毎週無料でお届けしています!

メルマガ登録はこちら


コラム
/column/2021/img/thumbnail/img_36_s.jpg
- 8月30日(日本時間)、フィッシング対策協議会より、厚生労働省および自衛隊の大規模接種センターを騙るフィッシングが確認されたとして注意喚起が出されています。- フィッシングメールは件名「自衛隊 大規模接種センターの概要 予約サイト案内(予約・受付案内)」等とされ、「予約サイト」「お問い合わせ・予約窓口」のリンクから厚労省「コロナワクチンナビ」の偽サイトに誘導され、個人情報(氏名・住所・電話番号・メールアドレス・生年月日等)およびクレジットカード情報(カード番号・有効期限・セキュリティコード)を詐取する模様です。- 同日、厚労省からもTwitterにて「コロナワクチンナビに銀行口座やクレジットカード番号などの登録を求めることはありません」とする注意喚起が出されています。
2021.09.08 15:45:11