HOME コラム一覧 会計人にできること!! 競輪への道から約10年で開業税理士に

会計人にできること!! 競輪への道から約10年で開業税理士に

post_visual

小川健太(おがわ・けんた)

小川健太税理士事務所代表税理士。1984年生 まれ。早稲田実業学校高等部 卒業。卒業後はプロの競輪選手を目指すも断念して税理士を目指す。27歳で試験に合格し、31歳で現在の事務所を開業。飲食業の顧問先は30件以上で、販促物の作成支援など独自のサービスも展開中。

小川健太税理士事務所代表の小川健太先生(写真)は、22歳から6年で税理士試験に合格。31歳で開業され、現在、飲食業に特化してご活躍です。

―― 小川先生のご経歴を伺います。

小川 高校卒業後、大学に行かずプロの競輪選手を目指していたのですが挫折し、そこから何か資格を取得して開業しようと思って、22歳から税理士試験の勉強を始めました。簿記1級からのスタートで、最初の1年間は試験勉強に専念したのですが、23歳のときに会計事務所に就職し、後に一般企業の営業職に転職、27歳で別の会計事務所に転職しています。税理士試験に合格したのは2つ目の事務所に勤め始めた27歳のときです。その事務所で実務を学び、31歳で独立しました。開業してもうすぐ5年になります。

―― 営業職の経験もあるのですね。

小川 最初の会計事務所で困ったのが、税務会計の知識がないことよりも担当先の社長と話せないことでした。試算表などの説明が終わると話すことがなくなってしまうのです。社長と対等に話せるスキルを身に付けなければ開業してもやっていけないと感じ、自動車ディーラーの営業に転身して、日々電話でアポを取って会社を訪問したり、個人宅に飛び込み営業をかけたりして経験を積みました。それによって少し自信がついたので、27歳で再び会計事務所に戻りました。

―― 勉強と仕事の両立はどのように図ったのでしょうか。

小川 残業が多かったので、平日の勉強は朝にするようにしました。勉強時間は大体4時に起きてそこから3時間です。講義は通信で受けていましたが、倍速で流すところとじっくり聞くところを分けたら効率がよかったです。

―― 開業してみてどうでしたか。

小川 最初の3カ月は顧客が全く増えませんでした。挨拶まわりなどの営業活動はしましたが、すぐに契約が取れるほど甘くなかったです。今思えば準備不足でした。開業が大変だということは分かっていたつもりでしたが、それでも、開業してしまえば何とかなるだろうと考えていたと思います。

―― もし今、開業前に戻れるとしたらどのような準備をしますか。

小川 挨拶まわりで出会った社長から「君は何ができるの?」と尋ねられることがよくありました。「強みは何か」ということですね。これは開業する前に自分の中で固めておけばよかったと思います。

―― その後顧客が増えた理由を先生はどうお考えでしょうか。

小川 飲食業に特化したことが強みになったと思いますが、やはり紹介をたくさん頂けたことですね。運がよかったです。先ほどの強みですが、特別なことである必要はなくて、この業界に詳しいとか、話が面白いとかでもいいと思います。契約が取れなくても、強みを伝えることで営業先に興味を持ってもらえれば、後の紹介につながります。

―― 事務所で力を入れていることは何でしょうか。

小川 現在、税務と並行してコンサルティングも行っています。過去の数字を見ることももちろん大切ですが、お客様がしたいのはやはり未来の話です。売上を増やすにはどうしたらいいか、3年後や5年後にはどうなっていたいか、社員を何人増やしたいかといったことです。未来に向けた数字の話ができることを事務所の強みとして、今後も続けたいと思います。

―― 最後に、税理士としての思いをお聞かせください。

小川 多くの社長と話しながら一緒に会社を成長させることができる税理士の仕事はとてもやりがいがあります。しかし近年、税理士試験を受ける人が減っているそうで、税理士という仕事があまり魅力的に映っていないのかもしれません。将来、税理士になりたい若者が増えるよう、私も税理士の魅力を伝えられる一人になれるよう頑張りたいと思います。

―― 本日は貴重なお話を聞かせていただきありがとうございました。

小川健太税理士事務所
所在地:神奈川県横浜市中区本町2-19 弁護士ビル8階 
電話:045-228-9690



執筆者情報

profile_photo

株式会社実務経営サービス

株式会社実務経営サービスは、会計事務所の成長や発展をご支援している会社です。税理士の先生方を対象とする勉強会「実務経営研究会」の運営、各種セミナー・カンファレンスの企画、会計事務所経営専門誌「月刊実務経営ニュース」の発行を事業の柱としています。おかげさまで2018年に、創業20周年を迎えることができました。

「月刊実務経営ニュース」は、成長の著しい会計事務所、優れた顧問先支援を実践している税理士を取材・紹介し、会計業界の発展に貢献することを目指しています。おもな読者は全国の会計事務所の所長や職員の皆様で、全国に約3万件あるといわれている会計事務所の約1割にご購読いただいています。最新号を無償で読むことができる「Web版実務経営ニュース」もありますので、ご興味のある方はぜひご覧ください。

■Web版実務経営ニュース
https://bmn.jkeiei.co.jp/

■株式会社実務経営サービス
https://www.jkeiei.co.jp/

この記事のカテゴリ

この記事のシリーズ

お役立ち・会計事務所インタビュー

記事の一覧を見る

関連リンク

税務に関する全ての疑問に答えるオンライン質問会「税務SOS」

税務・会計に関する情報を毎週無料でお届けしています!

メルマガ登録はこちら


コラム
/column/2020/img/thumbnail/img_45_s.png
小川健太(おがわ・けんた)小川健太税理士事務所代表税理士。1984年生 まれ。早稲田実業学校高等部 卒業。卒業後はプロの競輪選手を目指すも断念して税理士を目指す。27歳で試験に合格し、31歳で現在の事務所を開業。飲食業の顧問先は30件以上で、販促物の作成支援など独自のサービスも展開中。小川健太税理士事務所代表の小川健太先生(写真)は、22歳から6年で税理士試験に合格。31歳で開業され、現在、飲食業に特化してご活躍です。―― 小川先生のご経歴を伺います。小川 高校卒業後、大学に行かずプロの競輪選手を目指していたのですが挫折し、そこから何か資格を取得して開業しようと思って、22歳から税理士試験の勉強を始めました。簿記1級からのスタートで、最初の1年間は試験勉強に専念したのですが、23歳のときに会計事務所に就職し、後に一般企業の営業職に転職、27歳で別の会計事務所に転職しています。税理士試験に合格したのは2つ目の事務所に勤め始めた27歳のときです。その事務所で実務を学び、31歳で独立しました。開業してもうすぐ5年になります。―― 営業職の経験もあるのですね。小川 最初の会計事務所で困ったのが、税務会計の知識がないことよりも担当先の社長と話せないことでした。試算表などの説明が終わると話すことがなくなってしまうのです。社長と対等に話せるスキルを身に付けなければ開業してもやっていけないと感じ、自動車ディーラーの営業に転身して、日々電話でアポを取って会社を訪問したり、個人宅に飛び込み営業をかけたりして経験を積みました。それによって少し自信がついたので、27歳で再び会計事務所に戻りました。―― 勉強と仕事の両立はどのように図ったのでしょうか。小川 残業が多かったので、平日の勉強は朝にするようにしました。勉強時間は大体4時に起きてそこから3時間です。講義は通信で受けていましたが、倍速で流すところとじっくり聞くところを分けたら効率がよかったです。―― 開業してみてどうでしたか。小川 最初の3カ月は顧客が全く増えませんでした。挨拶まわりなどの営業活動はしましたが、すぐに契約が取れるほど甘くなかったです。今思えば準備不足でした。開業が大変だということは分かっていたつもりでしたが、それでも、開業してしまえば何とかなるだろうと考えていたと思います。―― もし今、開業前に戻れるとしたらどのような準備をしますか。小川 挨拶まわりで出会った社長から「君は何ができるの?」と尋ねられることがよくありました。「強みは何か」ということですね。これは開業する前に自分の中で固めておけばよかったと思います。―― その後顧客が増えた理由を先生はどうお考えでしょうか。小川 飲食業に特化したことが強みになったと思いますが、やはり紹介をたくさん頂けたことですね。運がよかったです。先ほどの強みですが、特別なことである必要はなくて、この業界に詳しいとか、話が面白いとかでもいいと思います。契約が取れなくても、強みを伝えることで営業先に興味を持ってもらえれば、後の紹介につながります。―― 事務所で力を入れていることは何でしょうか。小川 現在、税務と並行してコンサルティングも行っています。過去の数字を見ることももちろん大切ですが、お客様がしたいのはやはり未来の話です。売上を増やすにはどうしたらいいか、3年後や5年後にはどうなっていたいか、社員を何人増やしたいかといったことです。未来に向けた数字の話ができることを事務所の強みとして、今後も続けたいと思います。―― 最後に、税理士としての思いをお聞かせください。小川 多くの社長と話しながら一緒に会社を成長させることができる税理士の仕事はとてもやりがいがあります。しかし近年、税理士試験を受ける人が減っているそうで、税理士という仕事があまり魅力的に映っていないのかもしれません。将来、税理士になりたい若者が増えるよう、私も税理士の魅力を伝えられる一人になれるよう頑張りたいと思います。―― 本日は貴重なお話を聞かせていただきありがとうございました。小川健太税理士事務所所在地:神奈川県横浜市中区本町2-19 弁護士ビル8階 電話:045-228-9690
2020.11.19 16:00:17