HOME コラム一覧 「Weplat 財務応援 R4 Lite」を活用することで、事務所の会計業務量の30%以上が削減に

「Weplat 財務応援 R4 Lite」を活用することで、事務所の会計業務量の30%以上が削減に

post_visual

 数年前と比較して、リアルタイムに事業状況を把握したい中小企業や個人事業主が増えています。その要望にお応えするために、エプソンの「Weplat 財務応援 R4 Lite」の導入提案を行っています。この会計ソフトの良い点は、会計事務所と顧問先をリアルタイムに繋ぐ「データ共有サービス」が無償で付いている点です。リアルタイムに顧問先と財務データを共有できることで、巡回監査をする際に適切な経営アドバイスが可能となりました。
 顧問先から喜ばれているのが、「Weplat 自動仕訳サービス」です。このサービスはキャッシュレスと言われる時代にはピッタリな機能だと思います。銀行口座やクレジットカードの利用履歴をシームレスに取り込め、取引明細を自動的に仕訳します。あとは仕訳のチェック作業だけになるため、金額入力ミスがないのがいいですね。そのため、銀行やクレジットカードで取引される企業や個人の方には重宝されています。データ共有で顧問先の仕訳データを会計事務所で修正すると学習機能により、修正が反映されるので、次回取り込んだ際には修正作業が大幅に減るのは便利ですね。
 自計化されていないけれど、ネットバンキング、クレジットカードなどを利用している顧問先には、「自動仕訳サービス」を利用して、少しでも記帳代行入力を減らすようにしています。
 このように、エプソンさんが提供しているサービスをフル活用することで、会計業務を大幅に削減できましたね。数年前と比較すると仕訳入力にかかる工数が30%以上は削減できたと思っています。削減できた時間を、今後は顧問先の経営に関する支援に当てていきたいと思っています。


双方がデータ共有できることで「年末調整」もスピーディーに

 うちでは顧問先「Weplat 財務応援R4 Lite」のほかにも「Weplat 給与応援R4 Lite」を積極的に導入してもらっています。顧問先にも同じエプソンさんのシステムを導入してもらうことで年末調整では入力の二度手間がなくなり、作業がラクになりました。会社データの受け渡しにおいても「Weplat データ共有サービス」を利用していますが、インターネット上でデータを共有することで受け渡しの手間が省けるほか、顧問先で入力内容に間違いがあった場合にもオンライン上で処理が完結するので、会計事務所にとって繁忙期にあたる年末調整時期には特に効率的に作業がはかどります。

税務アドバイスを含めて顧問先の問題を解決するコンサルティングにも注力

 エプソンさんが提案するWeplat サービスを導入したことで、入力作業やデータのやり取りといった日常業務が減りました。これからますます「時短」を図れる画期的なサービスが登場するでしょう。入力作業が減った分、それまでの作業に当てていた時間を有効に活用したいと思い、私が始めたのはお客様先に出向き、利益改善など税務アドバイスを絡めながら問題を解決するといったコンサルティング業務です。従来の税理士の領域を超えた仕事をすることを視野に入れています。効率化に目を向けるだけではなく、顧問先に足を運んで話をすることで、つながりが強くなるものと考えています。

右から
代表社員 税理士 岡田孝治さん
社員 高山美咲さん
社員税理士 副所長 戸嶋道子さん
社会保険労務士 中谷則子さん

■導入事務所様のご紹介

洛央税理士法人

設立:1925年(大正15年)
代表者:岡田 孝治
従業員数:12名(男性3名、女性9名 ※社労士事務所含む)
事務所 : 京都市下京区東洞院通五条上る深草町575-4
URL:https://www.rakuo.jp
コンセプト:大正15年に創業し、当初より「お客様を大切にする」サービスを心がけています。「お客様とともに生き、ともに繁栄する」というスタッフ全員の共通した理念のもと、お客様、スタッフに貢献できるよう知識や技術といった能力だけでなく、「情熱」を持って仕事に取り組んでいます。

この記事のカテゴリ

この記事のシリーズ

一歩先を行く会計事務所のIT活用事例

記事の一覧を見る

関連リンク

「紙からデジタルへ」ITに強い税理士事務所が教える今どきのスキャナー活用術

税務・会計に関する情報を毎週無料でお届けしています!

メルマガ登録はこちら


コラム
/column/2020/img/thumbnail/img_37_s.jpg
 数年前と比較して、リアルタイムに事業状況を把握したい中小企業や個人事業主が増えています。その要望にお応えするために、エプソンの「Weplat 財務応援 R4 Lite」の導入提案を行っています。この会計ソフトの良い点は、会計事務所と顧問先をリアルタイムに繋ぐ「データ共有サービス」が無償で付いている点です。リアルタイムに顧問先と財務データを共有できることで、巡回監査をする際に適切な経営アドバイスが可能となりました。 顧問先から喜ばれているのが、「Weplat 自動仕訳サービス」です。このサービスはキャッシュレスと言われる時代にはピッタリな機能だと思います。銀行口座やクレジットカードの利用履歴をシームレスに取り込め、取引明細を自動的に仕訳します。あとは仕訳のチェック作業だけになるため、金額入力ミスがないのがいいですね。そのため、銀行やクレジットカードで取引される企業や個人の方には重宝されています。データ共有で顧問先の仕訳データを会計事務所で修正すると学習機能により、修正が反映されるので、次回取り込んだ際には修正作業が大幅に減るのは便利ですね。 自計化されていないけれど、ネットバンキング、クレジットカードなどを利用している顧問先には、「自動仕訳サービス」を利用して、少しでも記帳代行入力を減らすようにしています。 このように、エプソンさんが提供しているサービスをフル活用することで、会計業務を大幅に削減できましたね。数年前と比較すると仕訳入力にかかる工数が30%以上は削減できたと思っています。削減できた時間を、今後は顧問先の経営に関する支援に当てていきたいと思っています。
2020.02.28 17:39:56