HOME コラム一覧 モチベーションをあげる

モチベーションをあげる

post_visual

心理学者クラーク・ハル氏の実験で、
出口に餌を置いた迷路にネズミを入れると、出口に近づけば近づくほど足が速く
なったそうです。
この実験からゴールに近づけば近づくほどモチベーションが上がることが分かりました。

また別の実験で、これが人間でも当てはまることを証明しました。
コロンビア大学ビジネススクールの研究で、
あるコーヒーショップでスタンプカードを使った実験です。

1.パターンAはコーヒーを10杯飲むと、コーヒーが1杯無料になるスタンプカード。
2.パターンBはコーヒーを12杯飲むと、コーヒーが1杯無料になるスタンプカード。
 ただし、最初から2個スタンプが押してある。

結果は、パターンBのスタンプカードを渡された人たちは、
パターンAのスタンプカードを渡された人よりもはるかに多く、無料のコーヒーを
手に入れたそうです。

ゴールまでの距離が全く同じでも、捉え方によってモチベーションは変わります。

例えば、顧問先様のモチベーションを上げたいと考えたとき、
「年間の売上を6,000万円上げる」という目標があるならば、
「月間500万円上げよう!」「1日20万円上げよう!」と細かくゴールを設定することで、
モチベーションが上がり、成長が加速するかもしれません。

ゴールまで「こんなに距離がある」と気を張るのではなく、
「もうこんなに進んでいる」と前進を感じることに意識を向けてみてはいかがでしょうか。



執筆者情報

株式会社名南経営コンサルティング

1966年開業の佐藤澄男税理士事務所(現・税理士法人名南経営)を祖業としたコンサルティングファーム「名南コンサルティングネットワーク」の中核企業。ネットワークでは、経営に関わるあらゆる専門家を抱え、中堅・中小企業を対象に、企業経営をワンストップでサポートして信用・実績を積み重ね、多くのクライアントをもつ。総スタッフ数569名(2019年7月1日現在)。同社は生産性向上を目的に開発したクラウドシステムMyKomonを使った会計事務所支援のほか、戦略的経営計画策定支援などの経営コンサルティング、経営者・後継者・経営幹部の育成指導、人事労務コンサルティングを得意分野とする。本コラムは全国の会計事務所向けコンサルティングに実績のある同社取締役の亀井英孝が執筆。

この記事のカテゴリ

この記事のシリーズ

会計事務所のセオリー

記事の一覧を見る

関連リンク

「契約理由」=「解約理由」

税務・会計に関する情報を毎週無料でお届けしています!

メルマガ登録はこちら


コラム
/column/2020/img/thumbnail/img_28_s.jpg
心理学者クラーク・ハル氏の実験で、出口に餌を置いた迷路にネズミを入れると、出口に近づけば近づくほど足が速くなったそうです。この実験からゴールに近づけば近づくほどモチベーションが上がることが分かりました。また別の実験で、これが人間でも当てはまることを証明しました。コロンビア大学ビジネススクールの研究で、あるコーヒーショップでスタンプカードを使った実験です。1.パターンAはコーヒーを10杯飲むと、コーヒーが1杯無料になるスタンプカード。2.パターンBはコーヒーを12杯飲むと、コーヒーが1杯無料になるスタンプカード。 ただし、最初から2個スタンプが押してある。結果は、パターンBのスタンプカードを渡された人たちは、パターンAのスタンプカードを渡された人よりもはるかに多く、無料のコーヒーを手に入れたそうです。ゴールまでの距離が全く同じでも、捉え方によってモチベーションは変わります。例えば、顧問先様のモチベーションを上げたいと考えたとき、「年間の売上を6,000万円上げる」という目標があるならば、「月間500万円上げよう!」「1日20万円上げよう!」と細かくゴールを設定することで、モチベーションが上がり、成長が加速するかもしれません。ゴールまで「こんなに距離がある」と気を張るのではなく、「もうこんなに進んでいる」と前進を感じることに意識を向けてみてはいかがでしょうか。
2020.02.04 16:15:08