HOME コラム一覧 主役は社長。「決算診断」は社長に伝わる。伝わらなければ、伝えたことにならない。

主役は社長。「決算診断」は社長に伝わる。伝わらなければ、伝えたことにならない。

post_visual

「決算診断」こそ、最大のビジネスチャンスです
○ 決算をしない会社はないのです。
○ 社長は決算に関心を持っています。
「この一年間、一生懸命努力した経営の状況を教えてほしい!」
○ 「決算書」だけでは、説明できません。
「決算診断提案書」は、決算書の解説書の役割を持っている!
○ 「決算診断」は、身近な経営支援です。社長とのコミュニケーションです。
○ 「会計事務所」の一番の強みは、社長と直接肝心な話ができることです。
社長は「いろいろな問題を抱えて、人に言えないこと」があるのです。
会計事務所は「経営課題を社長と共に」考えていくのです。
○ 社長は決算時に「経営計画や承継の話や、相続・M&A」などの普段できない
話も出てきます。
○ 人は「健康診断」を行います。医者の話を聞いて安心したりします。
会社も同じように「健康診断」は大事です。内視鏡やエコーや血液・尿などで
わかります。それが「決算診断提案書」です。数字をもとに、社長とのコミュ
ニケーションがますます大事になってきました。
○ 社長との「コミュニケーション」は、心を込めて寄り添って、社長に合わせて
いくのです。人にしかできない「アナログの泥臭さ」を感じ取っていくのです。
○ 決算時は、社長にとっても会計事務所にとっても、ビジネスチャンスです。
「決算診断提案書」をもとに、「社長と承継者」と共に語り合うことです。
「決算診断は、未来への承継診断」です。「過去があるから、現在があり、
未来へと続く」のです。「未来の答え」は、現在に学ぶ「決算診断」の意味が
そこにあるのです。


「決算診断提案書」は社長の立場にたった「コミュニケーションツール」です。経営課題を社長と共に考える。社長に問いかける。
是非一度、顧問先企業の「決算診断」を体感してみてください。



執筆者情報

profile_photo

株式会社プロス

この記事のカテゴリ

この記事のシリーズ

決算診断情報

記事の一覧を見る

関連リンク

決算診断一覧(旧サイトバックナンバー)

決算診断は「社長を強くする」

税務・会計に関する情報を毎週無料でお届けしています!

メルマガ登録はこちら


コラム
/column/2019/img/thumbnail/img_09_s.jpg
「決算診断」こそ、最大のビジネスチャンスです○ 決算をしない会社はないのです。○ 社長は決算に関心を持っています。「この一年間、一生懸命努力した経営の状況を教えてほしい!」○ 「決算書」だけでは、説明できません。「決算診断提案書」は、決算書の解説書の役割を持っている!○ 「決算診断」は、身近な経営支援です。社長とのコミュニケーションです。○ 「会計事務所」の一番の強みは、社長と直接肝心な話ができることです。社長は「いろいろな問題を抱えて、人に言えないこと」があるのです。会計事務所は「経営課題を社長と共に」考えていくのです。○ 社長は決算時に「経営計画や承継の話や、相続・M&A」などの普段できない話も出てきます。○ 人は「健康診断」を行います。医者の話を聞いて安心したりします。会社も同じように「健康診断」は大事です。内視鏡やエコーや血液・尿などでわかります。それが「決算診断提案書」です。数字をもとに、社長とのコミュニケーションがますます大事になってきました。○ 社長との「コミュニケーション」は、心を込めて寄り添って、社長に合わせていくのです。人にしかできない「アナログの泥臭さ」を感じ取っていくのです。○ 決算時は、社長にとっても会計事務所にとっても、ビジネスチャンスです。「決算診断提案書」をもとに、「社長と承継者」と共に語り合うことです。「決算診断は、未来への承継診断」です。「過去があるから、現在があり、未来へと続く」のです。「未来の答え」は、現在に学ぶ「決算診断」の意味がそこにあるのです。「決算診断提案書」は社長の立場にたった「コミュニケーションツール」です。経営課題を社長と共に考える。社長に問いかける。是非一度、顧問先企業の「決算診断」を体感してみてください。
2019.12.05 15:52:01