HOME コラム一覧 知って得するセキュリティのはなし その5

知って得するセキュリティのはなし その5

post_visual

7,000台以上の業務用冷凍庫にデフォルトのパスワードで侵入、遠隔解凍される可能性

1.このニュースをザックリ言うと

- 2月7日(現地時間)、セキュリティ研究者のNoam Rotem氏より、インターネットに接続されている7,000台以上の業務用冷凍庫が遠隔から簡単に解凍を指示できる状態にあるとする報告が発表されました。

- 報告によれば、これらの冷凍庫はイギリスの会社が製造した温度制御システムを使用していますが、同社Webサイト上にあるドキュメントに掲載されているデフォルトのパスワードを入力することにより、操作可能になっているとのことです。

- このシステムはイギリス・アイルランド・スウェーデン・ドイツ等のレストラン・病院・スーパーマーケット等の業務用冷凍庫、およびマレーシアの製薬会社等の冷却施設でも使用されていることがわかっており、これらに外部から解凍指示が出されることにより、予想できないほどの水害、経済的損失、そして在庫の破壊につながる可能性があるとしています。

2.執筆者からの所感等

- インターネット上から接続可能な状態になっている複合機やIoT機器等を検索できる「SHODAN」等のサーチエンジンが存在しており、問題となっている冷凍庫もSHODANで検索できる様子が報告には掲載されています。

- 主に攻撃者が使用するSHODANを逆に「自分が設置した機器が見えていないか」等の確認のために使用することも一手ですし、万一そこに掲載されたとしても攻撃を防ぐことができるよう、機器のパスワードは変更することがまずは肝要であり、さらにファイアウォールやUTM等による適切な遮断を行い、場合によってはネットワーク診断を受けることによる安全性の確認等も行うとなお良いでしょう。

執筆者情報

profile_photo

株式会社アルテミス

株式会社アルテミスは、1995年(平成7年)に設立以来、情報通信および情報セキュリティという事業領域において、お客様ニーズに合わせてワンストップにて各種ソリューションを提供しています。
自社製品として情報セキュリティ関連の各種シリーズをリリース、そのほか、ネットワークセキュリティの分野では、疑似侵入診断サービス、Webアプリケーション診断サービスなどによるネットワークの脆弱性診断などを展開するなど、官公庁・金融機関・一部上場企業を初めとする大手・中堅企業から中小企業に至るまで、多くの企業がセキュアなシステムを構築するための支援を首尾一貫して提供しています。
特に50名以下の管理者がいない法人(SMB)法人に対してセキュリティ+マネージドサービスを提供しています。
SMB市場でのセキュリティ機器&サービスは、提案、購入するだけでは、エンドユーザへの『真の導入には至らない』ため、システム管理者が不在でも、機器の運用、サービスの運用、 IT機器の活用方法、トラブル対応、リスク対応などを標準化した商品を提供しています。

株式会社アルテミス
https://www.artemis-jp.com/

株式会社アルテミス AUS便り
https://www.artemis-jp.com/wp/aus_arc/

この記事のカテゴリ

この記事のシリーズ

知って得するセキュリティのはなし

記事の一覧を見る

関連リンク

知って得するセキュリティのはなし その4

税務・会計に関する情報を毎週無料でお届けしています!

メルマガ登録はこちら

コラム
/column/2019/img/thumbnail/img_33_s.jpg
- 2月7日(現地時間)、セキュリティ研究者のNoam Rotem氏より、インターネットに接続されている7,000台以上の業務用冷凍庫が遠隔から簡単に解凍を指示できる状態にあるとする報告が発表されました。- 報告によれば、これらの冷凍庫はイギリスの会社が製造した温度制御システムを使用していますが、同社Webサイト上にあるドキュメントに掲載されているデフォルトのパスワードを入力することにより、操作可能になっているとのことです。- このシステムはイギリス・アイルランド・スウェーデン・ドイツ等のレストラン・病院・スーパーマーケット等の業務用冷凍庫、およびマレーシアの製薬会社等の冷却施設でも使用されていることがわかっており、これらに外部から解凍指示が出されることにより、予想できないほどの水害、経済的損失、そして在庫の破壊につながる可能性があるとしています。
2019.02.27 16:00:18