HOME コラム一覧 目線を合わせる

目線を合わせる

post_visual

今、会計業界での人材採用は、他業種と同じく
多くの事務所で課題になっていると聞きます。

「採用できない」「来てほしい人材が見つからない」
という声をよく聞きますが、
厳しい状況下でも採用ができている事務所も存在します。

採用には「ハローワークに求人を出す」
「ホームページに求人情報を掲載する」等、
いろいろな方法があります。

最近伺った話の中から例を挙げると

(1) 人脈や経験
所長先生や幹部の方の人脈や経験を活かし、
知人からの紹介を受けて採用する

(2) 人材派遣会社
人材派遣会社に登録し、自事務所にマッチした人材の紹介を受ける

(3) SNSやホームページの活用
若い世代を対象に、事務所のFacebookページやInstagramを使って
「この事務所で働くことで、楽しく充実した社会人生活が送れる」
というPRを行い、そこから採用につなげる

・・・といったような方法があります。


(1)(2)は以前からも用いられてきた方法ですが、
(3)は「この業界では珍しい」と感じる方も
いらっしゃるかもしれません。

(3)を行った、ある所長先生からは、

SNSを活用すれば採用がうまくいくということではなく、
「(求人情報を見る側が)どんな媒体で情報収集をしているか?」
を知り、目線を合わせてSNSでの情報発信を始めたことが
良い結果に繋がった、という話を聞きました。


今回は“採用”をテーマに事例を紹介しましたが、
営業や情報発信等においても、対象にしている人が
「何を使って情報収集をしているか?」
「重視しているポイントは何か?」を考えることが
課題解決に繋がると言えそうです。



執筆者情報

profile_photo

株式会社名南経営コンサルティング
ネットワークソリューション事業部

この記事のカテゴリ

この記事のシリーズ

会計事務所のセオリー

記事の一覧を見る

関連リンク

見方を変える

税務・会計に関する情報を毎週無料でお届けしています!

メルマガ登録はこちら


コラム
/column/2019/img/thumbnail/img_28_s.jpg
今、会計業界での人材採用は、他業種と同じく多くの事務所で課題になっていると聞きます。「採用できない」「来てほしい人材が見つからない」という声をよく聞きますが、厳しい状況下でも採用ができている事務所も存在します。採用には「ハローワークに求人を出す」「ホームページに求人情報を掲載する」等、いろいろな方法があります。最近伺った話の中から例を挙げると(1) 人脈や経験所長先生や幹部の方の人脈や経験を活かし、知人からの紹介を受けて採用する(2) 人材派遣会社人材派遣会社に登録し、自事務所にマッチした人材の紹介を受ける(3) SNSやホームページの活用若い世代を対象に、事務所のFacebookページやInstagramを使って「この事務所で働くことで、楽しく充実した社会人生活が送れる」というPRを行い、そこから採用につなげる・・・といったような方法があります。(1)(2)は以前からも用いられてきた方法ですが、(3)は「この業界では珍しい」と感じる方もいらっしゃるかもしれません。(3)を行った、ある所長先生からは、SNSを活用すれば採用がうまくいくということではなく、「(求人情報を見る側が)どんな媒体で情報収集をしているか?」を知り、目線を合わせてSNSでの情報発信を始めたことが良い結果に繋がった、という話を聞きました。今回は“採用”をテーマに事例を紹介しましたが、営業や情報発信等においても、対象にしている人が「何を使って情報収集をしているか?」「重視しているポイントは何か?」を考えることが課題解決に繋がると言えそうです。
2019.01.16 16:16:36