HOME コラム一覧 身近で起こっているインターネットの脅威について その23

身近で起こっているインターネットの脅威について その23

コンプライアンス その他
post_visual

「最悪なパスワード」2018年版ランキング発表…トップ2は6年連続で「123456」「password」

1.このニュースをざっくり言うと

- 12月13日(現地時間)、スマートフォン向けパスワード管理ツールなどを提供する米SplashData社より、インターネット上に流出したパスワードで多用されていたものを調査した「最悪なパスワード」2018年版ランキングが発表されました。

- 最も多かった「123456」と2位の「password」はそれぞれ2013年以降6年連続での同一順位となっており、続いて3位~7位に「123456789」「12345678」「12345」「111111」「1234567」と数字だけのパスワードがランクインしています。

2.執筆者からの所感等

- ランキングで挙がっているトップ25のパスワードは、殆どが「簡単な数字の羅列」「英単語1語(かつアルファベット小文字のみ)」「キーボードで左から(または右から)順にタイプしたもの」といった
特徴があり、アカウント奪取を目論む攻撃者が使用する脆弱なパスワードの辞書には大抵載っていることでしょう。

- アルファベットのみ・数字のみのパスワードが登録できないルールを回避するために、それらを組み合わせただけの、依然として簡単なパスワードを設定するケースも多かったようで、15位「abc123」24位「password1」25位「qwerty123」といったものがランクインしていますが、これらの一部だけを変えて「Abc123」「P@ssw0rd1」等としたとしても、やはりたちどころに破られることでしょう。

- どういったパスワードを設定するか、パスワードを如何に管理するかは長年議論となっていますが、とにかくすぐに推測されてしまうパスワードを設定しないことがまずは第一です。

執筆者情報

profile_photo

株式会社アルテミス

株式会社アルテミスは、1995年(平成7年)に設立以来、情報通信および情報セキュリティという事業領域において、お客様ニーズに合わせてワンストップにて各種ソリューションを提供しています。
自社製品として情報セキュリティ関連の各種シリーズをリリース、そのほか、ネットワークセキュリティの分野では、疑似侵入診断サービス、Webアプリケーション診断サービスなどによるネットワークの脆弱性診断などを展開するなど、官公庁・金融機関・一部上場企業を初めとする大手・中堅企業から中小企業に至るまで、多くの企業がセキュアなシステムを構築するための支援を首尾一貫して提供しています。
特に50名以下の管理者がいない法人(SMB)法人に対してセキュリティ+マネージドサービスを提供しています。
SMB市場でのセキュリティ機器&サービスは、提案、購入するだけでは、エンドユーザへの『真の導入には至らない』ため、システム管理者が不在でも、機器の運用、サービスの運用、 IT機器の活用方法、トラブル対応、リスク対応などを標準化した商品を提供しています。

株式会社アルテミス
https://www.artemis-jp.com/

株式会社アルテミス AUS便り
https://www.artemis-jp.com/wp/aus_arc/

関連リンク

身近で起こっているインターネットの脅威について その22

コラム
/column/2018/img/thumbnail/img_32_s.jpg
- 12月13日(現地時間)、スマートフォン向けパスワード管理ツールなどを提供する米SplashData社より、インターネット上に流出したパスワードで多用されていたものを調査した「最悪なパスワード」2018年版ランキングが発表されました。- 最も多かった「123456」と2位の「password」はそれぞれ2013年以降6年連続での同一順位となっており、続いて3位~7位に「123456789」「12345678」「12345」「111111」「1234567」と数字だけのパスワードがランクインしています。
2018.12.26 16:31:23