HOME コラム一覧 見方を変える

見方を変える

会計事務所支援
post_visual

みなさまの事務所にも、
営業目的のダイレクトメールが届いたり、
電話が掛かってきたりすると思います。

ダイレクトメールは、パッと見て関心がなければ捨てる、
電話も今すぐ必要がなければ断る・・・という方が
多いと思います。

しかし、これらのダイレクトメールや電話には
少し見方を変えてじっくり見聞きしてみると、
参考になるものがあるかもしれません。


先日伺ったA事務所の事例です。

A事務所は、今まであまり営業活動をしていなかったのですが、
最近、積極的に営業に取り組むことにしました。

しかし、いざ営業をするとなると、
「どのように話を進めるのか?」
「いつのタイミングで契約の話をするか?」など、
わからないことがたくさん出てきました。

そこで、普段掛かってくる営業の電話や
商談の依頼を積極的に受けることにして、
営業マンに会い、“営業を受ける立場”で
実際の場面を体験してみることにしました。

そうしているうちに、A事務所ではいろいろな“気づき”があり、
それらを経営者への営業の場面で活用することで
少しずつですが成績も伸びてきたそうです。

いつもとは少し違った視点で物事を見てみると、
違った結果に繋がるかもしれません。



執筆者情報

profile_photo

株式会社名南経営コンサルティング
ネットワークソリューション事業部

関連リンク

専門家を雇う費用

コラム
/column/2018/img/thumbnail/img_28_s.jpg
みなさまの事務所にも、営業目的のダイレクトメールが届いたり、電話が掛かってきたりすると思います。ダイレクトメールは、パッと見て関心がなければ捨てる、電話も今すぐ必要がなければ断る・・・という方が多いと思います。しかし、これらのダイレクトメールや電話には少し見方を変えてじっくり見聞きしてみると、参考になるものがあるかもしれません。先日伺ったA事務所の事例です。A事務所は、今まであまり営業活動をしていなかったのですが、最近、積極的に営業に取り組むことにしました。しかし、いざ営業をするとなると、「どのように話を進めるのか?」「いつのタイミングで契約の話をするか?」など、わからないことがたくさん出てきました。そこで、普段掛かってくる営業の電話や商談の依頼を積極的に受けることにして、営業マンに会い、“営業を受ける立場”で実際の場面を体験してみることにしました。そうしているうちに、A事務所ではいろいろな“気づき”があり、それらを経営者への営業の場面で活用することで少しずつですが成績も伸びてきたそうです。いつもとは少し違った視点で物事を見てみると、違った結果に繋がるかもしれません。
2018.12.04 16:04:37