HOME コラム一覧 所長がいなくても廻る事務所にするための10ヶ条 その7

所長がいなくても廻る事務所にするための10ヶ条 その7

経営 会計事務所支援
post_visual

■所長がいなくても廻る事務所にするための10ヶ条 その7

『事務所の売上目標を全員で共有し、営業マインドを醸成しているか?』

7回目の今回は『事務所の売上目標を全員で共有し、営業マインドを醸成しているか?』です。
先日調べたあるデータによると、全開業税理士事務所のうち、
・売上2,000万円以下が全体の62.4%
・売上3,000万円以下が全体の73.2%
であることがわかりました。
ですから、このコラムをお読みの方々の事務所も、約7割は売上3,000万円未満が大半かもしれません。
仮にそうだと仮定して話を始めますと皆様の事務所では、毎月の会議で「事務所の年間売上目標とそのための対策」を議題に取り上げていますでしょうか?

私は多くの事務所に出入りしているので、今でも非常にびっくりするのですが、平均的な多くの事務所では、

1.職員の方々が事務所の売上目標を知りません(所長が公開していないので)
2.そして、現時点の売上がいくらで、進捗がどうなのかも職員の方々は知りません。
3.更には、職員の方が「自分は年間いくらの売上を上げているのか」も知りません。

 ※これには所長が知っていて言わない場合と、所長も計算していないケースがあります。そのため、毎月事務所で会議は行っていても、

・今月の決算の予定
・個人別の懸案事項の報告
・あとは社内研修など

といった程度で、事務所の売上には言及しない事務所がほとんどです。
恐らく、所長先生にすれば

「売上の話をしたところで、職員が仕事を取って来る訳ではないし、下手に売上や目標の話をして辞められたら困るから」

というお気持ちなのかもしれません。しかしながら、「これからも仕事は先生が獲得し、職員はただこなしてくれれば良い」ということであればそれでも構わないのですが、もしこれから事務所を大きくしよう!(5~7人以上規模)と思うならば、先生だけの馬力では無理ですので、紹介も含め、全員で力を合わせて増やすことを考えねばなりません。
その時、「よし、今日から全員営業だ!」と唱えてみても、今まで何も言わなければ、「先生何言ってるの?急にやる気になっちゃって…」となるのがおちです。
ですから、そうならないためには、事務所がまだ小規模のうちから全員でお客様を増やすんだ!という営業マインド = 組織風土を、規模が小さいうちから醸成しておかねばならないのです。

☆☆★       重要なお知らせ          ★☆☆

読者の皆様には長らく「会計事務所業績アップレポート」をお読みいただいておりますが、来月9月~「会計事務所業績アップレポート」とFaceBookの「会計事務所業績アップオンラインサロン」を統合しまして「会計事務所業績アップ倶楽部(有料)」を開始することになりました。
実は「会計事務所業績アップオンラインサロン」を立ち上げた時からいろいろチャレンジしたいことがあったのですが、無料版では出せる情報にも提供できるサービスにも限界があるので、9月~は有料サービスとしてチャレンジしたいと思います。

内容は
1.月2回 メールで配信いたします。
2.内容は、15分程度の解説動画(プチセミナー)とテキスト(PDF)をお送りいたします。
3.参加特典として
 1)「おいしいものを食べながら事務所経営を考える会」などのイベント開催
 2)弊社セミナー・勉強会の会員割引
4.費用は月額3,000円(税別)
を予定しております。9月配信分は無料とさせていただきますので、まずはご興味がおありの方は下記から仮申し込みをお願いいたします。

http://obcreate.co.jp/r/stepmail/kd.php?no=JqODpwwxsk

※尚、参加は、税理士・公認会計士・会計事務所及び公認会計士事務所勤務の方に限らせていただきます。
※保険会社・各種代理店の方のご参加はできません。

以上、よろしくお願いいたします。
仮申し込みはこちらからお願いします

http://obcreate.co.jp/r/stepmail/kd.php?no=JqODpwwxsk



執筆者情報

profile_photo

大谷展之

株式会社ooyaビジネスクリエイト

会計事務所専門のコンサルタントとして、全国の会計事務所を対象に活動中。
会員制勉強会「売上1億円を突破する会計事務所のために『会計事務所5%倶楽部』」を主催する。
税理士会各支部、大手会計システム会社、出版社、生命保険会社等での講演実績多数。
著書:会計事務所 売上1億円突破へのロードマップ(執筆)、税理士のためのマーケティングマニュアル(執筆)、税理士のためのWEBマーケティングマニュアル(監修)、ともに第一法規。

関連リンク

業績アップ(旧サイトバックナンバー一覧)

所長がいなくても廻る事務所にするための10ヶ条 その1

所長がいなくても廻る事務所にするための10ヶ条 その2

所長がいなくても廻る事務所にするための10ヶ条 その3

所長がいなくても廻る事務所にするための10ヶ条 その4

所長がいなくても廻る事務所にするための10ヶ条 その5

所長がいなくても廻る事務所にするための10ヶ条 その6

コラム
/column/2018/img/thumbnail/img_26_s.jpg
7回目の今回は『事務所の売上目標を全員で共有し、営業マインドを醸成しているか?』です。先日調べたあるデータによると、全開業税理士事務所のうち、・売上2,000万円以下が全体の62.4%・売上3,000万円以下が全体の73.2%であることがわかりました。ですから、このコラムをお読みの方々の事務所も、約7割は売上3,000万円未満が大半かもしれません。仮にそうだと仮定して話を始めますと皆様の事務所では、毎月の会議で「事務所の年間売上目標とそのための対策」を議題に取り上げていますでしょうか?私は多くの事務所に出入りしているので、今でも非常にびっくりするのですが、平均的な多くの事務所では、1.職員の方々が事務所の売上目標を知りません(所長が公開していないので)2.そして、現時点の売上がいくらで、進捗がどうなのかも職員の方々は知りません。3.更には、職員の方が「自分は年間いくらの売上を上げているのか」も知りません。 ※これには所長が知っていて言わない場合と、所長も計算していないケースがあります。そのため、毎月事務所で会議は行っていても、・今月の決算の予定・個人別の懸案事項の報告・あとは社内研修などといった程度で、事務所の売上には言及しない事務所がほとんどです。恐らく、所長先生にすれば「売上の話をしたところで、職員が仕事を取って来る訳ではないし、下手に売上や目標の話をして辞められたら困るから」というお気持ちなのかもしれません。しかしながら、「これからも仕事は先生が獲得し、職員はただこなしてくれれば良い」ということであればそれでも構わないのですが、もしこれから事務所を大きくしよう!(5~7人以上規模)と思うならば、先生だけの馬力では無理ですので、紹介も含め、全員で力を合わせて増やすことを考えねばなりません。その時、「よし、今日から全員営業だ!」と唱えてみても、今まで何も言わなければ、「先生何言ってるの?急にやる気になっちゃって…」となるのがおちです。ですから、そうならないためには、事務所がまだ小規模のうちから全員でお客様を増やすんだ!という営業マインド = 組織風土を、規模が小さいうちから醸成しておかねばならないのです。
2018.08.09 16:44:02