HOME コラム一覧 いよいよスタート!IT導入補助金

いよいよスタート!IT導入補助金

post_visual

2018年4月20日スタート!

IT導入補助金は、昨年と比べると、受けられる補助金の上限額が100万円から50万円に半減し、補助率もIT投資金額の2/3から1/2に縮減しました。

しかし、「予算額が100億円→500億円」とされましたので、実は、補助金を獲得できる会社数は昨年の10倍近くに増えました。

IT導入補助金とは、中小企業がソフトウェアやクラウド利用費等に投資する場合に、その投資額の1/2を補助してくれる制度(補助金上限50万円・下限15万円)のことです。

今年中に、ソフトウェアやクラウド、ホームページの投資をお考えの中小企業や個人事業主の方は、是非このIT導入補助金をご検討ください。

補助金のゲットの仕方

ただし、この補助金は、IT投資をすれば誰でも受け取れる訳ではありません。

具体的には、「IT導入支援事業者からITツールとして購入」する必要があります。

「IT導入支援事業者」とは、事前にIT導入補助金の事務局に登録申請をし、承認を受けた事業者のことです。

まずは、皆さんが購入しようとしているソフトウェア等の販売側の会社が、IT導入支援事業者かどうかを確認してください。

更に、IT導入支援事業者がそのソフトウェア等を事前に「ITツール」として登録しておいてもらう必要もあります。

IT導入支援事業者には、そのソフトウェア等がITツールに該当するのかどうかも合わせて確認しておきましょう。

昨年との相違点

昨年との相違点は、大きく以下の3つになります。

1.手続きが完全電子化
2.事業計画を作成する際に「経営診断ツール」の利用が必須
3.昨年ホームページ作成で補助金を受けた方は再度ホームページ作成での申請不可

手続きが完全電子化

今年のIT導入補助金では、「IT事業者ポータル」と「申請マイページ」を使って、完全電子申請化となります。

例えば、昨年では、補助事業者に対し、「交付決定通知(不採択通知)」と「確定通知」が郵送されていましたが、これが廃止され、通知はすべて「申請マイページ」からPDFダウンロードとなります。

また、補助金の確定後、請求書を事務局へ郵送していましたが、これも廃止され、確定の案内後、補助事業者が「申請マイページ」から確定内容を確認し、「内容確認・承認」を行うことで、補助金の支払いが実行されます。

「経営診断ツール」の利用が必須

今年は、「事業計画」「数値指標」を作成する際の支援ツールとして、「経営診断ツール」が導入されます。

選択式の設問に回答することで、自己の事業の課題や目標を明確にすることが出来、よりよい対応策=ITツールの選定のナビゲーションとなることを目的としてつくられました。

事業課題と選定されたITツールのマッチングなど、一部審査に用いられます。

ちなみに、この経営診断ツールは、経済産業省が公開している企業の「健康診断」を行うツールである「ローカルベンチマーク」をもとに、つくられました。

再度のホームページ作成での補助金はダメ

昨年のIT導入補助金で補助金の交付を受けている場合は、昨年導入したITツールが持つコア機能と、今回申請するITツールが有する業務機能が重複しない場合に限り、再度の交付申請が可能です。

ただし、昨年ホームページの導入を行った場合、機能によらず、ホームページ制作のITツールでの交付申請はできません。

ご注意ください。

執筆者情報

profile_photo

今村仁

マネーコンシェルジュ税理士法人 代表 

会計事務所を経験後ソニー株式会社に勤務。その後2003年今村仁税理士事務所を開業、2007年マネーコンシェルジュ税理士法人に改組、代表社員に就任。相続承継M&Aセンター株式会社、代表取締役社長。税理士・宅地建物取引主任者・CFP等

この記事のカテゴリ

この記事のシリーズ

マネー税金コラム

記事の一覧を見る

関連リンク

マネーコンシェルジュ税理士法人 (会計事務所検索)

もう、事業承継で税金は払わない!

税務・会計に関する情報を毎週無料でお届けしています!

メルマガ登録はこちら

コラム
/column/2018/img/thumbnail/img_06_s.jpg
IT導入補助金は、昨年と比べると、受けられる補助金の上限額が100万円から50万円に半減し、補助率もIT投資金額の2/3から1/2に縮減しました。しかし、「予算額が100億円→500億円」とされましたので、実は、補助金を獲得できる会社数は昨年の10倍近くに増えました。IT導入補助金とは、中小企業がソフトウェアやクラウド利用費等に投資する場合に、その投資額の1/2を補助してくれる制度(補助金上限50万円・下限15万円)のことです。今年中に、ソフトウェアやクラウド、ホームページの投資をお考えの中小企業や個人事業主の方は、是非このIT導入補助金をご検討ください。
2018.04.19 16:31:54