HOME コラム一覧 「暦年贈与」と「相続時精算課税贈与」との比較

「暦年贈与」と「相続時精算課税贈与」との比較

post_visual

POINT

 節税なら「暦年贈与」・多額早期移転なら「相続時精算課税」
 デメリットもあるが、究極の対策もある。

このコンテンツの内容は、平成29年4月1日現在の法令等によっています。

資料提供(出典)

profile_photo

八訂版/図解&イラスト 中小企業の事業承継

著者:税理士 牧口晴一、名古屋商科大学大学院教授 齋藤孝一 著

発行日:2017年5月29日
発行元:株式会社 清文社
規格:A5判536頁

この記事のカテゴリ

この記事のシリーズ

税務解説集

記事の一覧を見る

関連リンク

MS法人との取引があっても特定医療法人の承認は受けられるのか

税務・会計に関する情報を毎週無料でお届けしています!

メルマガ登録はこちら


コラム
/column/2017/img/thumbnail/img_04_s.jpg
 節税なら「暦年贈与」・多額早期移転なら「相続時精算課税」 デメリットもあるが、究極の対策もある。
2017.10.12 14:25:15