HOME コラム一覧 経産省、価値協創ガイダンスを策定、非財務情報の開示充実を目指す

経産省、価値協創ガイダンスを策定、非財務情報の開示充実を目指す

post_visual

 経済産業省は5月29日、「価値協創のための統合的開示・対話ガイダンス-ESG・非財務情報と無形資産投資-(価値協創ガイダンス)」を策定した。これは企業経営者と投資家との間の対話や経営戦略・非財務情報等の情報開示の質を高めるための基本的枠組みを示すガイダンス(指針)であり、同省に設置された持続的成長に向けた長期投資(ESG・無形資産投資)研究会の検討結果が反映されている。

 本ガイダンスでは、「バリューチェーン」「ビジネスモデル」「持続可能性・成長性」「戦略」「パフォーマンス・KPI」「ガバナンス」等企業経営や投資にあたり考慮すべきポイント、要素を一連の価値創造ストーリーの中で語るフレームワークを提示している。企業経営者がガイダンスに基づく開示を行うための手引きだけではなく、投資家がガイダンスに基づく企業評価を行うための手引きとしても利用可能であり、本ガイダンスが企業経営者と投資家の共通言語として機能することで、両者の対話に資することが期待される。

 我が国の企業の開示は、①開示が複数媒体にまたがっており、かつ、②長期的な投資判断に不可欠なビジネスモデルや経営戦略、ESG等の非財務情報の開示が不十分であるという問題を抱えている。そのため、経済産業省では、本ガイダンスの周知・普及により非財務情報の開示充実を図るだけでなく、最終的には開示書類の統合(有価証券報告書と事業報告等を統合する)も視野に入れており(こちらの7ページを参照)、本ガイダンスはその政策実現の第一歩と位置付けている。

執筆者情報

日本IPO実務検定協会
財務報告実務検定事務局

この記事のカテゴリ

この記事のシリーズ

関連リンク

財務報告実務情報一覧(旧サイトバックナンバー)

監査役が短信と有報の両方を監査する上場会社は減少

税務・会計に関する情報を毎週無料でお届けしています!

メルマガ登録はこちら


コラム
/column/2017/img/thumbnail/img_11_s.jpg
経済産業省は5月29日、「価値協創のための統合的開示・対話ガイダンス-ESG・非財務情報と無形資産投資-(価値協創ガイダンス)」を策定した。
2017.06.08 09:30:44