前へ 次へ 展開 省略
検索

 判例 日付順
詳細を隠す:06/28/201606/28/2016
海外の関連会社の新株発行の引受けは有利発行と判示、棄却
詳細を隠す:06/21/201606/21/2016
収支内訳書の虚偽記載のみでは隠ぺい仮装は認められないと判断
詳細を隠す:06/14/201606/14/2016
役員退職給与に不相当に高額な部分はないと判示、一部認容
詳細を隠す:06/07/201606/07/2016
立退料は譲渡の実現に客観的に必要とは認められないと判断
詳細を隠す:05/31/201605/31/2016
海外子会社合算税制の事業基準を満たしていないと判示、控訴棄却
詳細を隠す:05/24/201605/24/2016
未確定債務で債務超過状態が著しいとは認められないと棄却
詳細を隠す:05/17/201605/17/2016
取得株式の譲受差額は受贈益、譲渡差額相当額は収益と判示して棄却
詳細を隠す:05/10/201605/10/2016
理由提示の趣旨を充足する程度であれば不備はないと判断、棄却
詳細を隠す:04/27/201604/27/2016
区分所有建物全体に単一の経年減点補正率を適用した評価が妥当
詳細を隠す:04/19/201604/19/2016
事前通知なしに納税者に赴いても違法性はないと判断
詳細を隠す:04/12/201604/12/2016
老人ホームからの入居一時金の返還金は相続財産に帰属すると判断
詳細を隠す:04/05/201604/05/2016
競売で一括取得の土地建物は固定資産税評価額の比率で按分
詳細を隠す:03/29/201603/29/2016
土地の租税公課は賃貸供用割合を用いて必要経費を算出が合理的
詳細を隠す:03/22/201603/22/2016
未分割の相続財産の課税価格の計算は穴埋方式によるのが相当
詳細を隠す:03/15/201603/15/2016
最高裁も、組織再編税制を濫用した租税回避と判断、棄却