5 キャッシュ・フロー計算書の作成方法

Question

キャッシュ・フロー計算書はどのように作成されるのでしょうか。基本的な手順を具体的に教えてください。作成に当たって追加的にどのような情報を入手する必要がありますか。
また、連結キャッシュ・フロー計算書はどのようにして作成されるのでしょうか。



Answer

1.キャッシュ・フロー計算書作成の基本的な流れ

 キャッシュ・フロー計算書は、(1)(a)貸借対照表項目の期首から期末への増減額(前期末と当期末の貸借対照表の各項目の差額)及び(b)当期の損益計算書をベースとして、(2)追加的なデータをもとに修正仕訳を作成し、(3)それらを精算表に転記し、集計計算することによって作成します。なお、精算表には、間接法の場合は上の(1)(a)のみが、直接法の場合は上の(1)(a)及び(b)の両方が転記されます。


2. キャッシュ・フロー計算書を作成するために必要なデータ及びそれに基づく追加修正仕訳

(1)非資金項目の調整

 例えば損益計算書に計上されている減価償却費は、過去に取得した固定資産の取得原価を、その使用期間にわたり費用配分するものであり、キャッシュの支出を伴うものではありません。そのためキャッシュ・フロー計算書作成上、損益計算書で計上された減価償却費等の非資金項目の計上を取り消す仕訳を作成します。

 各種引当金の繰入れ・取崩しについても、これと同様原則的には非資金取引となります。

(2)投資活動及び財務活動によるキャッシュ・フローの区分に係る調整

 投資活動及び財務活動によるキャッシュ・フローの区分においては、総額による表示が要求されていますが、貸借対照表及び損益計算書においては、これらの活動により生じた損益のみが計上され、例えば借入金の新規借入及び返済額や有価証券の売却収入などは現れません。そこでキャッシュ・フロー計算書作成のため追加的な調整をする必要があります。損益計算書に計上されている、投資活動及び財務活動の区分に含まれるキャッシュ・フローに関連して発生した損益項目を取り消すとともに、キャッシュの収入及び支出が総額で表示されるよう、修正仕訳を計上します。

(3)営業活動に係る資産及び負債の増減に係る調整

 損益計算書における収益・費用は発生主義をベースに計上されているため、売上高、売上原価及び販管費等は、会社の営業活動によるキャッシュの動きとは一致しません。そこで、貸借対照表に計上されている売掛金、受取手形、前受金、買掛金、支払手形、前渡金、たな卸資産、経過勘定項目等の増減を損益計算書の収益・費用に加減することによって、発生主義の損益計算書からキャッシュの収支を導くための修正仕訳を計上します。


3.連結キャッシュ・フロー計算書の作成方法

 連結キャッシュ・フロー計算書の作成方法には、次の2つの方法が認められています。

(1) 原則法…親会社及び子会社の個別ベースのキャッシュ・フロー計算書を合算し、連結会社相互間の債権債務の消去仕訳に係る増減額等を調整し(間接法)、連結会社間のキャッシュ・フローを相殺する方法

(2) 簡便法…連結貸借対照表及び連結損益計算書をもとに作成する方法

 いずれの方法についても営業活動によるキャッシュ・フローの区分について、それぞれ間接法あるいは直接法により作成することができます。また、(2)の方法を採用するほうがより実務的ですが、で述べた修正仕訳を計上するための連結ベースでの追加的なデータを連結子会社から入手する必要があります。その場合、連結会社間の取引に係るものとそうでないものとの区別を明確にしておかなければなりません。

 

次ページ